プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
勉強会を紙上再現するシリーズ 「認識疾患と糖尿病」 第2回
勉強会を紙上再現するシリーズ

「認識疾患と糖尿病」 第2回


ある製薬会社の営業所の方たちと一緒に勉強会をしてきました。その製薬会社では、糖尿病関連薬を扱っています。営業職(MRと業界では呼びます)の方たちは、一般の方たちと比較して、医療や薬剤、糖尿病に関しての知識が豊富です。勉強会をするにあたっての先方からの依頼が、「普通の勉強会ではきけない話しをしてください」でした。

それならば・・ということで

勉強会のテーマは、「認識疾患と糖尿病」

どんな勉強会になったのでしょうか?質疑応答(Q&A)方式で勉強会を進めていきましたので、そのまま紙上再現していきます。お読みくださった方も、是非、質問に対するコメントを記載されていってください。みんなで一緒に勉強をしていきましょう。


・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆第2回


Q: 糖尿病はどんな病気ですか?


A: MRさんたちの回答は、約3つでした。


(回答1)膵臓のラ氏島のβ細胞のインスリン分泌が低下(インスリン分泌の低下)、あるいは、分泌されたインスリンの効果が減弱(インスリン抵抗性の増大)によって高血糖状態が引き起こされる病気


(回答2)食事やアルコールなどの過剰摂取や運動不足といった生活習慣が原因で高血糖状態が引き起こされる病気



(回答3)高血糖状態が持続することによって、全身の血管障害が誘起され、さまざまな合併症(脳・心血管障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症など)が引き起こされる病気



さすが、糖尿病関連薬を扱っている製薬会社のMRさんたちです。専門的な言葉をつかって、「糖尿病はどんな病気ですか?」という質問に対する回答をされてこられました。



投稿をみてくださった皆さんは、「糖尿病はどんな病気ですか?」という質問に、どんな回答を用意されたでしょうか?



インスリンという観点
血管障害という観点
生活習慣という観点


いろいろな観点から、「糖尿病は、〜な病気である」という定義ができると思います。



ここで考えてみてほしいことがあります。



いろいろな観点から、いろいろな定義が可能です。けれども、上記の3つの回答に共通して内在している「前提」があります。



糖尿病は、〜な病気である」という内在(無意識化された)された前提があり、そこから、3つの回答が導かれています。



そこで、ぼくは、MRさんたちに尋ねました。



皆さんの回答には、「隠された前提」がありますね。



Q: 皆さんの回答に共通する「隠された前提」はなんですか?


投稿をよんでくださった方は、どんな共通する隠された前提があると思いますか?



つづく
勉強会を紙上再現するシリーズ 「認識疾患と糖尿病」 第1回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 


☆第1回


先日のことですが、ある製薬会社の営業所の方たちと一緒に勉強会をしてきました。その製薬会社では、糖尿病関連薬を扱っています。ですから、営業職(MRと業界では呼びます)の方たちは、一般の方たちと比較して、医療や薬剤、糖尿病に関しての知識が豊富です。

勉強会をするにあたっての先方からの依頼が、「普通の勉強会ではきけない話しをしてください」でした。

それならば・・ということで

勉強会のテーマは、「認識疾患と糖尿病」

どんな勉強会になったのでしょうか?

質疑応答(Q&A)方式で勉強会を進めていきましたので、そのまま紙上再現していきます。

お読みくださった方も、是非、質問に対するコメントを記載されていってください。みんなで一緒に勉強をしていきましょう。

それでは、第1回です。

Q: 糖尿病はどんな病気ですか?


家族と地域で観る「介護講談」のお知らせ
みなさま

こんばんは。

今日は、映画 田辺鶴瑛 「介護講談」鑑賞会のおしらせです。


あちらに一理あり、こちらにも一理あり、互いにぶつかりあうのが家族・コミュニティです。ぶつかりあったその先に、互いに感謝して、尊重しあって、笑いあえるのも家族・コミュニティです。


健康・病、介護、うまれる・いきる・死ぬ・みおくるを通して、家族もコミュニティも一緒に成長していくのかもしれません。


介護や認知では、あちらに一理なし、こちらに一理あり。こちらのいうことをきかない、なんとかいうことをきかせよう、このやろう~、ばかやろう~となる修羅場です。


けれども、リセットして視点がかわると、修羅場の先に、愛と涙と感謝と笑いがあるかもしれません。

「介護講談」はそんな映画です。


みんなで体験してみましょう。


みんなで家族や地域の健康を創っていきましょう。


●日付:3月15日(水)

●イベント名:リセットから創る健康塾@はむたんくらぶ 家族と地域で観る「介護講談」

●時間:

 9:45 開場
10:00〜10:10 挨拶
10:10〜11:40 上映
11:40〜12:30 上映後 「荻久保監督とのフリートーク、参加者との質疑応答・雑談会」
12:30 終演予定

●会場:新板橋クリニック内

板橋区板橋4-4-4セレブ新板橋ビル1階

●定員: 25名

●料金: 無料

●お申し込み・お問い合わせ

お申し込み&お問い合わせは
hamutan.club@gmail.com(担当:清水紀美子)...まで、

090-9689-0605

件名に 3/15 「介護講談」の参加申し込みと明記のうえ、

①お名前(よみがな)
②連絡先電話番号(携帯)
③返信希望のPCアドレス(携帯の場合、こちらから届かないことがあるため受信設定をお願いいたします)
④ご住所をお書きの上ご連絡ください。


 主催:医療法人紬愛会 新板橋クリニック
 共催:新板橋クリニック はむたんくらぶ
病気にならない 長生きできる 病気になっても いきいきくらせる 「お達者体操」のおしらせ
新板橋クリニック 主催

リセットから始まる健康塾@はむたんくらぶ


皆さま

こんばんは


☆ 病気にならない 長生きできる 
☆ 病気になっても 元気で いきいきくらせる
☆ ぽっくりいける


☆ 「お達者体操」☆

のお知らせです。



・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「心(こころ)と肉体(からだ)は分離できないオンリーワン」です。


分離できないオンリーワンだとすると、心と肉体がひとつとなって動く「しくみ」があります。


心と肉体がひとつとなって動く「しくみ」あるとすると、「しくみ」がうまく動くことによって、心や肉体は動かされることになります。心と肉体が調和をもって動いてくれます。


それならば、「しくみ」についてしる必要があると思うのです。


なぜなら、しくみから、心と肉体が動かされ、存在させられるからです。そして、しくみから、健康・病・病気が存在させられる(うまれてくる)からです。

「無(無い)」から「有(有る)」、「有(有る)」から「無(無い)」が永遠に繰り返される「しくみ」があるからです。



・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「しくみ」とは・・・?

Q: 心と肉体がひとつとなって動く「しくみ」は、どんなしくみなのでしょうか?


Q: 自分のしくみがどんな状態になって、生活しているのでしょうか?条件・環境の変化で、しくみはどんな状態になるのでしょうか?



Q: 心と肉体の調子(好調・不調の波、健康・病・病気、生きる・死ぬ)としくみの状態がどうつながっているのでしょうか?



これらの質問がわかると、生きることが楽になります。なぜなら、しくみを制御して、生活することが可能となるからです。


こう考えてみてはどうでしょうか?


しくみの状態を、自分で「チェック」して(Know)、調整・「リセット」して(Do)、実感しながら(Feel)、「経験」をつみかさねていけたらどうでしょう?


チェック→リセット→経験


心と肉体を動かしているしくみを制御するこつ


それが、チェック→リセット→経験 の繰り返しです。


こう考えてみてはどうでしょうか?


生活の中で、いつでも、どこでも、その場で、自らが、チェック→リセット→経験を積み重ねることができたらどうでしょうか?



それが「コップメソッドを使ったお達者体操」です。


お達者体操で、心や肉体を動かす「しくみ」を実感しながら、生活されてみてはどうでしょうか?


これからの健康
これからの医療
の提案です。



生活即リセット


新板橋クリニック 院長
はむたんくらぶ 代表
清水 公一(はむたん)


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





☆ 病気にならない 長生きできる 病気になっても いきいきくらせる「お達者体操」
☆ 3月18日(土曜日)
☆受付:17時45分
☆体操会:18時00分〜19時30分
☆ 場所:真言宗豊山派 金剛院 蓮華堂2F
☆ 参加費:無料 
☆ 準備するもの:動きやすい服装、タオル、飲み物、
☆定員:25名

内容: 「お達者体操」
講師: 清水 公一(新板橋クリニック 院長)
清水 紀美子(新板橋クリニック)

☆ 第1部:しくみを体験する の部

18時00分〜19時00分(60分)

「しくみ」を体験する
コップメソッド
鳳凰の舞
羅漢体操
せのばし体操
どすこい体操
ポンプ呼吸
逆腹式(丹田)呼吸
自分に感謝するうた


講話:金剛院野々部住職より


☆ 第2部:体と心のつまりをとる の部

19時00分〜19時30分(30分)

はむたんボール(天球)をつかった体操


終了:19時30分予定


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


申し込み方法:


お達者体操
3月18日参加希望

参加者名:
年齢
人数:
ご住所:
電話番号:

上記を明記のうえ

新板橋クリニック
FAX:03−5248−5785

あるいは、

koichishimizu2012@gmail.com

まで、お申し込みください。


3月4日ボイスヒーリングワークショップのおしらせ
みなさま

こんにちは


きょうは、3月4日のボイスヒーリング・ワークショップ(WS)のご案内です。

https://www.facebook.com/events/821571571313950/



自分の心と体をいやす最高・最上の道具・手段は・・・・


「自分の声」です。


ボイスヒーリング・WSで、体験してください・・・・・。




Q: なにを、体験するのですか?


A:

「自分の声」で、どんなふうに心と体がいやされていくのかを体験していきましょう。

「自分の声」で、「心と肉体を動かしているしくみ」を実感しながら、制御できることを体験していきましょう。

「心と肉体を動かしているしくみの状態」と「心と肉体の状態」がどうつながっているのかを実感しながら、体験していきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと長くなりますね。

Q: なぜ、ボイスヒーリングWSなのか?

Q: なぜ、「自分の声」なのか?


A: 

「心(こころ)と肉体(からだ)は分離できないオンリーワン」です。

心と肉体がひとつとなって動いている「しくみ」があります。

しくみがうまく動くことによって、心や肉体は動かされています。心と肉体が調和をもって働いてくれます。



Q: 心と肉体がひとつとなって動かしている「しくみ」はどなんなしくみなのでしょうか?(WHAT)(OF))(BY)

Q: 自分のしくみがどんな状態になって、生活しているのでしょうか?(BY)


心と肉体の調子(好調・不調の波、健康・病・病気、生きる・死ぬ)としくみの状態がどうつながっているのでしょうか?(BY)
しくみの状態を、自分で「チェック」して(Know)、調整・「リセット」して(Do)、実感しながら(Feel)、「経験」をつみかさねていけたらどうでしょう?


チェック→リセット→経験

心と肉体を動かしているしくみを制御するこつ

それが、チェック→リセット→経験 の繰り返しです。


生活の中で、いつでも、どこでも、その場で、自らが、チェック→リセット→経験を積み重ねることができたらどうでしょうか?

それが、「自分の声」です。

自分の声に、どんな力があるのか?自分の声で、しくみがどんなふうに動くのか?自分の声でしくみが制御されること、自分の声で心や肉体が癒やされることを体験してみましょう。


生活即自分の声
生活即リセット


新板橋クリニック 院長
はむたんくらぶ 代表
清水 公一(はむたん)
ボイスヒーリングワークショップ


期日:3月4日 土曜日
時間:開場 17時15分 開演:17時30分 終演:19時30分
終了後懇親会の予定あり(お時間のある方はどうぞ)
場所:新板橋クリニック 待合内 
   板橋区板橋4−4−4セレブ新板橋ビル1F
   都営三田線新板橋駅A3出口下車徒歩1分
   JR埼京線板橋駅下車徒歩6分
   東武東上線下板橋駅下車徒歩12分

ファシリテーター:清水紀美子

ファシリテーター:清水紀美子(singer&Voice Healer)
国立音楽大学卒業。クラシック声楽家としてヨーロッパを中心に活動していたが、闘病のため帰国。様々な代替医療を学ぶなかシータヒーリング®とボイスヒーリングに出会い、セラピストとして活動を開始する。シータヒーリング開発者ヴァイアナ・スタイバルのリクエストによりボイスヒーリングCD"AmazingGrace~すべての心にある光”を制作。日本、アメリカを中心に自由なスタイルで音楽を楽しんでもらえるような参加型のライブ、ワークショップを展開している。


お申し込み&お問い合わせは
hamutan.club@gmail.com
(担当:清水紀美子)
まで

件名に 3/4ボイスワーク
①お名前(よみがな)
②連絡先電話番号(携帯)
③返信希望のPCアドレス(携帯の場合、こちらから届かないことがあるため受信設定をお願いいたします)
④ご住所
をお書きの上ご連絡ください。