FC2ブログ
プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リセット健康塾:HRS (Hamutan Reset Seminar)のお知らせ
自分の健康を自分で創れるようになります
心や体の不調がよくなります
年のせいだなと感じる体の不調がよくなります
非びらん性胃・食道逆流症、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシアがよくなります

HRS
Hamutan Reset Seminar


今の日本・社会では、心や体の不調を抱える方が増えています
推定300万人以上がうつあるいはうつ状態といわれています
高齢化が進んで、65歳以上の高齢者、とくに65歳以上のひとりずまい高齢者が、急増しています
年のせいで、体のいろいろな不調を抱える高齢者が増えています
検査をしても病気がみつからない、消化器系の不調(非びらん性胃・食道逆流症、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア)の方が急増して人口の一割から三割を占めています。

いろいろな治療法、いろいろな健康法、いろいろなやり方が、あるけれども、今の医療のやり方、治療法、健康法では、なかなかうまくいっていません。

どうやったらよくなるのかわからない、どの治療法、どの健康法、どのやり方がいいのかわからない、具合が悪いことが、なかなかほかの人に理解してもらいない、年のせいだからしょうがない、という悩みを抱えている方が多いようです。

よくなる治療法をしりたい、いいやり方、いい健康法をしりたい、心や体の不調をよくしたい、年をとっても元気ですごしたい、なぜ具合が悪いのか理由をしりたい、自分の不調を理解してもらいたい、消化器系の不調(非びらん性胃・食道逆流症、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア)をよくしたい、そういった願望を叶えることができる医療機関が求められています。

新板橋クリニックでは、そういった皆様の願望が叶うように、リセット健康塾をはじめました。リセット健康塾の目的は、ずばり

あなたの心や体の不調の理由がわかります
あなたの心や体の不調はよくなります
消化器系の不調(非びらん性胃・食道逆流症、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア)はよくなります
年をとっても元気で暮らせます


みんなで一緒に理解しながら、健康になる考え方とやり方が、リセット健康塾で学べます。

HRSでは、その第一歩として、健康のしくみ(心と体のしくみ)という考え方とやり方を学んでいきます。

学習する内容
テキストとスライドを使いながら、わかりやすく説明いたします。

① あなたの、しくみの状態を、講師がチェックして説明します
② 健康のしくみ(心と体のしくみ)という考えからを学びます
③ しくみの状態と動きという考え方を学びます
④ しくみをうまく動かすやり方・方法を学んで体験します。
⑤ しくみを自分で動かして、変化を体感します
⑥ はじめとおわりで、何がどう変化したのかを確認します
⑦ あなたのしくみの調整をします


対象者:
心や体の不調の原因を知りたい方
健康法に興味のある方
健康について学びを深めたい方
心や体の不調をよくしたい方
消化器系の不調(非びらん性胃・食道逆流症、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア)をよくしたい方
年をとって体のあちこちが調子が悪い方
医師・看護師・理学療法士・介護・社会福祉関連従事者・薬剤師など、医療・健康関連産業に従事している方など


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HRS
Hamutan Reset Seminar


【日時】

2019年5月25日(土曜日)

受付 15: 30
開始 16 : 00
終了予定 19:00

注意:内容と進行状況によって終了時刻が30分程度延長することがあります。ご了承ください。

【講師】
清水 公一(はむたん)
新板橋クリニック 理事長・院長
リセット医療医師

【講師プロファイル】
1991年葉大学医学部卒業。2006年から現職。内科・消化器系疾患の診療、消化器内視鏡検査・治療、糖尿病・高血圧などの生活習慣病、老年内科、緩和ケア、在宅診療や心のケアに取り組んでいる。「人を観る科」がモットーである。機能性消化管疾患(胃・食道逆流症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群)が発症する「しくみ」を明らかにして、しくみに基づいて、患者さん自らがしくみを運転して症状を改善していく「自立」を目標としたリセット治療をおこなっている。また、本当の健康とは何か?なぜ?どのように病気が発生・顕在化してくるのか?に着目して、「認識疾患」という新しい概念を提唱し、「心と体のしくみ」を運転しリセットする「リセット医療」を診療に取り入れ、普及に努めている。

【 会場 】

真言宗豊山派 金剛院 蓮華堂地下1階 
〒豊島区長崎1-9-2
西武池袋線 椎名町駅下車すぐ

【 定員 】
先着15名

【 参加費 】
¥ 3,000(初受講)
¥ 1,000(再受講)

受講代金は当日現金にてご持参ください。
お釣りのないようご協力お願いいたします。

【キャンセルポリシー】
キャンセル待ちの方にお席をお譲りするため、欠席が分かり次第お早めにご連絡ください。



【持ち物】
筆記用具、ノートなど

【禁止事項】録音、名刺交換、営業(リクルート)行為、勧誘行為




【お申込先】

名前
住所
連絡先携帯電話
連絡先メールアドレス

を記入の上、

koichishimizu@si-clinic.jp


まで、お申し込みください。

**********************************************************
いつもありがとうございます。感謝いたします。

医療法人社団紬愛会
新板橋クリニック
理事長・院長 清水 公一(はむたん)

〒173−0004
東京都板橋区板橋4−4−4
セレブ新板橋ビル1階
TEL 03-5248-5715
FAX 03-5248-5785
koichishimizu@si-clinic.jp
***********************************************************

スポンサーサイト
病気にならない 長生きできる ぼっくりいける  「お達者気功」
中健次郎先生の魅力と気功に触れる 
ぼくは、中先生のことが大好きです。8年前、初めてお会いして、中先生のお人柄に魅了されたことが、気功をはじめた一番のきっかけです。中先生の飾らないお人柄、人格、相手のことを一生懸命大切にされるところ、優しさ、思いやりにみちているところ、謙虚さ、誠実さ、小学生のように目をきらきらさせて体験したことを語られる情熱、オープンな心、一生懸命なところ、中先生の周りは、どんどん楽しく、和やかになっていきます。僕の心にも響きました。気功?って正直よくわからないけど、おもしろそうだなと興味をもって、続けられるのは、中先生が気功を教えてくださっているからです。気功を通して、中先生の考え方や世界観にふれればふれるほど、どんどん、その魅力に引き込まれます。稽古の合間に、先生のお話を伺うのが、とても楽しみな時間です。
気功って何?という初めての方でも、中先生が、とてもわかりやすく、親切に、丁寧に、愛情をもって、優しく、気功を教えてくださいます。中先生を是非しってほしい、気功の楽しさを体験して、中先生と一緒に学ぶ機会を創りたい、そんな思いで、気功講習会を開催いたします。
開催場所の金剛院もとても素敵な場所です。是非どうぞ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

中健次郎先生の魅力と気功に触れる

病気にならない 長生きできる ぼっくりいける 

「お達者気功」

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


☆ 開催案内
気功とは
自然のエネルギーを人体にとりいれることです。                   
長生きとは、長い息のことです。
いやなことがあっても、いつまでもこだわらない幼子のように、今をいきる。

【お達者気功】は、そのための練習方法です     中 健次郎



2019年6月2日(日曜日)

集合・受付:9時30分

午前の部:10時00分〜12時30分 

昼食休憩:12時30分〜14時00分(なゆた特製弁当:別代金)

午後の部:14時00分〜16時30分 


場所:真言宗豊山派 金剛院 蓮華堂地下1階 
〒豊島区長崎1-9-2 西武池袋線 椎名町駅前

定員:25名

参加費:午前の部:¥ 4.000- 午後の部:¥ 4.000-  昼食代別

準備するもの:動きやすい服装、タオル、飲み物、ヨガマット(ある方)、必要な方は着替えなど(着替える部屋、荷物置き場がございます)


何かご質問やご不明な点がありましらメールにてご連絡ください。
当日ご一緒するのを楽しみにしております。


【お申込先】


①お名前(よみがな):
②当日に連絡のつく電話番号(携帯電話をお持ちの方はお知らせください):
③ご住所
④返信先PCアドレス
※携帯アドレスの場合、こちらからのメールが届かないことがあります。
 受信設定のご確認をお願いいたします。
⑤一日を通しての受講、または午前午後どちらかの確認
⑥なゆた特製ヘルシーランチボックスの予約の有無
 金剛院さんの寺カフェ・なゆたさんにご協力いただき、
 特製ヘルシーランチボックスを作って頂けることになりました。
 精進系の玄米のお弁当で、1,100円(税込)を予定しております。
 お釣りのないよう小銭をご用意くださいますと助かります。
 館内には自動販売機はありません。駅前にコンビニがあります。

を記入の上、

koichishimizu@si-clinic.jp


まで、お申し込みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ 講師プロファイル

中 健次郎(なか けんじろう)


●気功家・鍼灸師・アジア伝統医学研究家

●叡智の学び舎‘かめへんむら’〈主宰〉

●東海ホリスティック医学振興会〈顧問〉


1956年和歌山県生まれ。
20歳の時、1年かけて北南米大陸陸路縦断。その2年後も半年間インド方面にて求道の旅。

大学卒業後、就職を辞退し、東南アジア・オセアニア・南太平洋を働きながら1年半の遊学。これらの旅の途中、偶然宗教家や先住民に助けられ、人生観を変える。


1981年中国に魅せられ、南京大学等に留学。
その後、一時帰国し日本の鍼灸師免許を取得。

1986年再び渡中。北京中医薬大学・北京大学等にて、中国伝統医学と中国古典哲学を学ぶ。


通算18年以上の滞在中、仏教・道教の聖山を含め中国各地やチベットを訪ね歩き、様々な老師たちと出会い影響を受ける。

中医学、太極拳、気功をその道の第一人者に師事し会得。

1997年より、長年の夢をかなえるべく、2年半かけてアジア・アフリカ・ヨーロッパ・中近東の聖地を巡る。その後も北京を拠点にして活動。毎年冬には夫婦でインドを訪れ、覚者や聖者に会う「気づきと浄化の旅」を続ける。

真の気功家、世界90カ国を回った冒険旅行家であり、真の自己を求める探求者でもある。宗教的感性を気功と結びつけて語る「魂の吟遊詩人」。
2004年に帰国、熊野を活動拠点とする。
2010年神奈川県湯河原に道場を移し、叡智の学び舎「かめへんむら」を創設。

国内外でセミナーや合宿を開催し、心・気・体・霊性のバランスを整えるために気功、太極拳、瞑想・家庭療法、東洋医学、東洋哲学等を指導。自らの体験を交えた分かりやすい教え方で、真の健康・真の自己を取り戻すためのサポートをしている。

**********************************************************
いつもありがとうございます。感謝いたします。

主催:医療法人社団紬愛会 新板橋クリニック
代表 清水 公一(はむたん)

〒173−0004
東京都板橋区板橋4−4−4
セレブ新板橋ビル1階
TEL 03-5248-5715
FAX 03-5248-5785
koichishimizu@si-clinic.jp
***********************************************************

心と体のしくみがうまく動けば 最高の結果が得られる
心と体のしくみを知ることから、健康がはじまる   清水 公一(はむたん)

ここ最近、「逆流性食道炎」という言葉が世の中に知られるようになってきました。 病名が知られるようになるにつれて、患者数も急激に増加しています。 逆流性食道炎は、その名のとおり、胃酸が逆流して食道に炎症を起こし、さまざまな症状を引き起こす病気です。 本来、私たちの体には、胃酸が逆流しないしくみが備わっているのですが、逆流性食道炎は、逆流を防止するしくみが壊れたり、しくみ自体は働いていても食べ過ぎたりして逆流を制御しきれなくなったりすることにより発症します。 そのため、治療法としては、胃酸の分泌を抑える薬を服用したり、食べ過ぎたり太り過ぎたりして、胃酸の逆流を制御できなくなるような生活習慣を改善することによって、症状を改善することができます。 ところが、現在増加しているのが、症状はあるのに検査を行っても食道に炎症が見つからない「非びらん性胃食道逆流症」です。胃酸の逆流をふせぐしくみ自体には異常がないにもかかわらず、胸焼けや胃もたれなどの症状が現れます。しかも、「様子を見ましょう」といって処方された逆流性食道炎の薬を服用しても、なかなかよくならないという患者さんが多いのです。 最近になって、これらの不快症状の原因は、心と体のしくみがうまく働いていないことに原因があるということがわかってきました。心と体のしくみは脳と自律神経のネットワークでできています。不快症状の原因が、胃ではなく脳と自律神経のネットワークがうまく働いていないからなので、逆流性食道炎の薬をいくら服用しても効果がないのです。 そこで、この本では、逆流性食道炎の正しい対処法を解説するとともに、薬を飲んでも効果のでにくい非びらん性胃食道逆流症に対しても、脳と自律神経のしくみをうまく働かせるための究極のセルフケアの方法を紹介しています。不調を招く習慣を断ち切り、 心と体のしくみがうまく働くように自分自身でケアすれば、望ましい結果は必ず訪れます。本書がその一助となれば幸いです。

本書はじめにより引用




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

学ぶということ
学ぶということ

学生A:先生、最近TVや雑誌やネットなどで、いろいろなものが紹介されていますよね。この間はTVで腸内フローラ(細菌叢・細菌プロファイル)のことをやっていました。どんどん新しいことがでてきて、どんどん新しいことを学んでいかないといけないので、すごく大変だなと感じています。正直大変です。

N教授:そうだね。ぼくが学生時代にならったことと、今Aくんたちがならっていることだけでも、ずいぶんな違いがあるよね。科学と技術が進むと、新しい分野や知見がでてきて、その分野の中で無数のことがらがでてくるからね。覚えるだけでも大変だよね。

学生A:そうなんですよ。しょうがないですか?

N教授:そうだね・・。こう考えてみてはどうかな?変わるものと変わらないもの。そして、自らが検証する力。これが、学んでいく上で大切なことだよ。

学生A:変わるものと変わらないもの。自らが検証する力 ですか?

N教授:うん、そう。教わったことや、目や耳に入ってくる情報を覚えるだけでは、それはうわべの知識。自らが検証して、実際に実践してみて、判断していくこと、これが真の知識と考えてみたらいいよ。

学生A:自らが検証して、実際に実践してみて、判断していくのが、真の知識ですか・・・。それじゃ〜、学生のぼくは、まだうわべの知識です。自らが検証するなんて考えたこともなかったです。

N教授:そうか・・。それなら、これからは、何か情報や知識をえたとき、何かを思いついたときは、必ず自らで検証して、実際に実践して判断するようにしたらいいよ。それには、まず、大切な質問を自分にする習慣を創るといいよ。

学生A:大切な質問ですか?

N教授:そう。それは、この情報・知識・アイデアはまちがってないだろうか?という質問を常にすること。そして、矛盾する情報や知識に出会ったとき、実際に実践して、矛盾する結果がでたとき、つねに、自ら判断して、情報・知識・アイデアを検証・修正して、自分の思い込みをこわして、創りなおすこと。

学生A:知識・情報・アイデアは間違っていないだろうかという質問を常にすることですか。

N教授:そうそう。この姿勢・態度は大切だよ。これは、今授業で習っている事柄もそうだよ。なぜなら教科書の内容がまったく書き変わることはよくあるからね。

学生A:そうなんですか?

N教授:うん、そうなんだよ。だから、大切なのは、変わるものと変わらないもの。

学生A:変わるものと変わらないもの。何ですか?

N教授:そうだな。たとえば、こう考えてみようか。今、A君は、外科学の臨床実習を受けているだろう?

学生A:はい。いろいろな外科手術方法を学んだり、手術を見学したりしてます。

N教授:そうそう。するとね、人の名前がついた手術法があったりするだろう。あるいは手術の仕方が人によって違ったりするだろう。

学生A:はい、そうですね。

N教授:だけど、手術の仕方はいろいろあっても、手術をなりたたせているしくみ(原理・原則といってもいいね)があることはわかるかい?

学生A:手術を成り立たせているしくみ(原理・原則)ですか?

N教授:手術というのは、技術と道具とチームで成り立っているのは、なんとなくわかるだろう?

学生A:はい、わかります。

N教授:手術は人間のしくみが前提で成り立っているのはわかるかな?

学生A:人間のしくみ?

N教授:そうそう。手術の技術もそうだし、手術をした後の回復もそうだし、すべて、人間のしくみ(生命現象のしくみといってもいいかな)が前提なのはわかるかな?

学生A:生命現象のしくみ・・・。そういえば、以前、生命現象の話がでてきた気がします。

N教授:人間のしくみ(生命現象のしくみ)が止まってしまったら、人間はどうなってしまうのだったかな?

学生A:人間のしくみが止まったら、人間は・・・死です!

N教授:そうそう。思いだしてきたかな?ということは、人間のしくみが動いていることが前提で、手術があることがわかるだろう。

学生A:はい。

N教授:そして、こう考えてみよう。人間のしくみが、うまく動いているときは、手術はうまくいくし、人間のしくみがうまく動いていないときに、手術をすると、手術後の回復がよくないことが想像できないかい?

学生A:そうか!それが、手術前に、栄養状態や免疫状態、心臓や呼吸機能をチェックする理由ですね?

N教授:そうそう。するとね・・・。変わるものと変わらないものが観えてこないかい?

学生A:うーん。変わるものは、手術方法としくみの動き方かな?

N教授:そうだね。すると、変わらないものは?

学生A:変わらないのは、人間のしくみそのものかな?

N教授:そうだね。人間のしくみそのものは、共通だからかわらないね。しくみの動き方で、結果がきまる、あるいは、しくみの動き方で、同じこと、同じ治療法をしても、結果がかわる。

学生A:同じことをしても結果がかわるのですか?同じ薬をのんでも結果が変わるのですか?

N教授:そうだよ。しくみの動き方で、結果がかわる。これを、「複雑系」というのだよ。いつも同じ結果がでるのは、「単純系」。

学生A:「複雑系」?「単純系」? 目がぱちくりしちゃいます。
N教授:ふふ。そうだね。人間のしくみの動き方で、同じこと、同じ治療をしても、結果がかわる。これは、覚えておくといいよ。だから、高齢者の寝たきりの方で、栄養状態の悪い方が手術を受けるのと、若い元気な栄養状態のよい方が手術を受けるのでは、回復のスピードが違うのは、イメージできるだろう?

学生A:それは、よくわかります。そうか・・・。人間のしくみの動き方で結果がきまる、しくみの動き方で結果がかわる。

N教授:だから、A君は、これから先も、変わるものをどんどん学習して、覚えて、自ら検証して、判断していくことが大切だよ。それと同時に、人間のしくみは、変わらないから、人間のしくみをしっかり習得することが、最大の知恵になるよ。

学生A:人間のしくみというのは?

N教授:「心と体がひとつで動くしくみ」のことだよ。心と体のしくみは、人間の共通のもの。これはかわらないもの。しくみの動き方が結果がきまる、しくみの動き方で結果がかわる、しくみの動きを変えるために、いろいろな治療法や薬や手段がある。しくみを観ることができると、知識が知恵にかわる。これを、しっかり練習して、習慣にしながら、学んでいくと、Aくんにとって、最大の武器になるよ。

学生A:ぼくにとって、最大の武器ですか・・・。がんばってやってみます。

N教授:今すぐはじめること、はじめたらやめないこと

さあ、今日はこれぐらいにしておこうか。

医療講座シリーズ:「健康のしくみと認識疾患」 “アドバンス”

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

医療講座シリーズ:「健康のしくみと認識疾患」 “アドバンス”


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「病気」という言葉・観念には、なじみがありますが・・

「しくみ」という言葉・観念にはなじみがないかもしれません・

心と体の健康・病気・不調を創り出す 「心と体のしくみ」があります。


【心と体は分離できないひとつ】です。


【心と体が分離できないひとつ】で動き続けることで、【生命現象・生体の恒常性】は維持されます。


【心と体が分離できないひとつ】で動きつづける【健康のしくみ】があります。


※テキスト 「健康のしくみと認識疾患」から抜粋


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


健康のしくみの【構造】【機能】【法則】を学ぶ。


健康のしくみを運転・制御するには【技術】が必要です。


【技術】をみにつければ、誰でも健康のしくみを運転・制御できます。


健康のしくみを運転・制御しながら生活する感覚。




好評の医療講座。  
「健康のしくみと認識疾患」 ”アドバンス”

健康のしくみの理論と運転の技術・実践力を高める応用講座です。

10月27日(土曜日)に開催予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


開催案内

 【講演内容】

「健康のしくみの最新情報を学ぶ」
「しくみの構造・機能・目的・法則を学ぶ」
「しくみの運転に必要な技術を学ぶ」
「しくみの動きを観ながら運転する
「しくみの運転の実践力・対応力」
「しくみの運転に対するQ&A」


 【日時】

10月27日(土曜日)

開場 17: 30
開始 18 : 00
終了 20 : 30


第1部: 健康のしくみの理論を学ぶ
「しくみの構造・機能・法則及びしくみの動きを観ながら運転する技術の解説」
18:00〜18:40
講師:清水 公一(はむたん)

休憩:10分 18:40〜18:50

第2部:「健康のしくみと機能性ディスペプシア」
しくみの動きと運転を身につけることで病気や病は消えていく。そして生き方も変わっていく

18:50〜19:30

講師:富田 紗智子

第3部:「しくみを運転しながら生活する感覚を養う」

7つの技術を身につけてしくみの動きと運転を身につける

19:30〜20:10

講師:清水 紀美子

Q&A:20:10〜20:30

☆閉会のあいさつと集合写真


【 会場 】
新板橋クリニック

〒173-0004 東京都板橋区板橋4−4−4 セレブ新板橋ビル1階
03-5248-5715

【 定員 】
先着30名

【 参加費 】
¥ 2,000(小冊子つき)

【参考テキスト】
健康のしくみと認識疾患(上巻)
¥3.000




【お申込先】

名前
住所
連絡先携帯電話
連絡先メールアドレス

を記入の上、

koichishimizu2012@gmail.com


まで、お申し込みください。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。