プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
体内のコレステロールプールの制御 その3

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 



〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 



第13回:体内のコレステロールプールの制御(By):その3


Q:コレステロールは、血液中の「コレステロール値」で制御されているのでしょうか?


A: その答えは、No(いいえ)です。


体内のコレステロールの量を一定に保つためには、「なにか」の基準が必要です。それは、「細胞内のコレステロール量」です。細胞は、血液から細胞内にコレステロールを取り込みます。とりこんだコレステロールを材料にして、「細胞膜」をつくったり、ホルモンをつくったりします。細胞内に一定量のコレステロール量が保たれていることが、体内のコレステロールの量を一定に保つための基準になります。


つづく

リセット健康塾のおしらせです 「健康のしくみと認識疾患:実践編」
リセットから始まる新しい医療・社会




【健康のしくみと認識疾患:実践編】


 下部構造(コップのしくみ)を制御しよう!
 上部構造(無意識エンジン:認識マップ)を作成しよう!!



【KEY WORD】


 「健康のしくみ」
 「練習」「工夫」「習慣」「経験」
 「制御」
 「認識疾患」
 「観点」



【講演内容】
・ 心と体がひとつになって動く「しくみ」とは?(Know)
・ 「しくみ」から、健康・病・病気を定義する(Know)
・ 「しくみ」の法則性を知る(Know)
・ しくみの「下部構造」を知る(Know)
・ しくみの「上部構造」知る(Know)
・ しくみの「下部構造」を制御法を体験する(Do)
・ しくみの「上部構造(無意識エンジン:認識マップ)を作成する(Do)
・今からの医療について
・質疑応答


【日時】

6月24日(土曜日)
開場 17:30
開始 18:00
終了 20:30

第1部:「健康のしくみ」と「しくみの下部構造」の制御法を体験
18:00〜18:30
講師:清水 公一


第2部:下部構造と上部構造の制御を体験して
18:30~19:00
講師:?

第3部:「しくみの上部構造(無意識エンジン:認識マップ)」を作成しよう
19:00〜20:00
講師:長岡 美妃

質疑応答:20:00~20:30


【 会場 】
新板橋クリニック

〒173-0004 東京都板橋区板橋4−4−4 セレブ新板橋ビル1階
03-5248-5715

【 定員 】
30名

【 参加費 】
¥ 2,000






【 懇親会 】


【日時】
20:50〜22:50


【会場】
龍や(中華料理)
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13173915/


【定員】
20名

【参加費】
¥ 3,300(食べ放題+飲み放題)

【お申込先】

名前
住所
連絡先携帯電話
連絡先メールアドレス

を記入の上、

koichishimizu2012@gmail.com


まで、お申し込みください。


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 心と身体を「ひとつ」に動かす「健康のしくみ」があります:

「心(こころ)と身体(からだ)は分離できないオンリーワン」です。分離できないオンリーワンだとすると、心と身体がひとつとなって動く「健康のしくみ」があります。心と身体がひとつとなって動く「健康のしくみ」あるとすると、「しくみ」が動く・働くことによって、心や身体は動かされる(変化する)ことになります。「しくみ」が、制御されて動いているときは、心と身体も制御されて秩序だって動きます。「しくみ」が制御されないで、暴走すると、心や身体も制御されず、無秩序となり、いろいろな不調・病・病気が顕れてきます。




 「健康のしくみ」には、下部構造(コップのしくみ)と上部構造(無意識エンジン:認識マップ)」があります。


 「観点と脳のくせが創りだす認識活動」が「健康のしくみと認識疾患」と関係します。




・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【質問】


Q: 心と肉体がひとつとなって動く「健康のしくみ」とは、どんなしくみなのでしょうか?


Q: 健康のしくみがどんなふうに変化・運動しながら、わたしたちは、日常を生活しているのでしょうか?条件・環境の変化で、健康のしくみもどんな変化・状態になるのでしょうか?


Q: 心と身体の変化・状態(好調・不調の波、健康・病・病気、生きる・死ぬ)と健康のしくみの変化・状態がどうつなるのでしょうか?

Q: 「観点と認識活動」と「健康のしくみ」が、どうつながるのでしょうか?

Q: 「健康のしくみ」は、どうすれば、制御できるのでしょうか?


Q: 「下部構造(コップのしくみ)」の制御法は?


Q: 「上部構造(無意識エンジン:認識マップ)を作成する


Q: 「観点と認識活動」を制御する・リセットする、「認識技術」とは?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【健康のしくみを制御する】


しくみの状態を知り(Know)
自分で「チェック」して(Know)
しくみを制御しながら(Do)
しくみの状態と心と体の状態をつなげながら(Feel)
「経験」をつみかさねて、対応力をひろげていく(I am)
しくみを制御して、自立して、生きる(I am)
「共同体感覚」を養う(I am)



練習→工夫→経験
練習→工夫→経験


の繰り返しと習慣化が、「健康のしくみ」を制御するこつです。



これからの健康
これからの医療
の提案です。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【講師プロファイル】



★長岡 美妃 (ながおか みき)

秋本病院緩和ケアセンター
センター長

紹介映像
https://youtu.be/_QxmZkRzQSw

東京女子医科大学卒業。同大学消化器病センター外科にてがん治療に従事。国立国際医療センター、国立がんセンター緩和医療科に従事。

現代医療に携わりながら、病の根本原因、真の医療の在り方、さらには真の社会の在り方を追求している。二児の母である。
現在は、福岡の秋本病院にて緩和ケアセンター長として勤務。
著者『「真」の医療者を目指して』(よろず医療会ラダック基金)



★清水 公一(しみず こういち)

医療法人社団紬愛会 新板橋クリニック
理事長・院長

紹介サイト
https://doctorsfile.jp/h/32111/mt/1/
http://www.si-clinic.jp/index.html
http://www.si-clinic.jp/holotropic/holotropic04.html



新板橋クリニック院長。日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医。 日本外科学会認定医、がん治療認定医、日本緩和医療学会暫定指導医。心と体がひとつになって動く「健康のしくみ」から、健康・病・病気の新しい概念を提唱している。しくみを制御する方法を使って、さまざまな疾患に対して、患者さん自らが症状を改善して制御していく「自立」を目標としたリセット医療を行っている。


体内のコレステロールプールの制御:その2

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 



〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 



第12回:体内のコレステロールプールの制御(By):その2



体内でのコレステロールの動きをしりたいときは、制御のしくみに観点をうつすとわかりやすいかもしれまえせん。


Q: 体内のコレステロール量を一定に保つために、どのようなしくみを使って制御しているのでしょうか?




A: 制御するためには、「なにか」の基準が必要です。たとえば、糖分です。糖分は、血糖値という基準で厳密に制御されています。血液中の糖の濃度(これを血糖値と呼びますね)が、70〜130の間で制御されるように、さまざまなしくみが体内で働いています。糖分は、「血糖値」という数値基準で制御されています。



それでは、コレステロールはどうでしょうか?コレステロールは、血液中の「コレステロール値」で制御されているのでしょうか?


つづく


観点の体操は「外をとりいれる」 その11
はむたんの徒然なるままに


1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・=?


「観点の体操は、外をとりいれる」の巻 その11



1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・= 無限大(∞)



1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・= − 1/12


これは、どちらが正しい、どちらが間違っているという話しではありません。

数式を扱う世界(概念)が、変化すると、無限大(∞)であったものが、− 1/12 になるのです。

概念は、大前提(公理:それ自体は証明をしなくていいこと)から創られます。大前提を「観点」と呼びますね。

つまり、観点から創られる概念正解が変化すると、無限大(∞)であったものが、− 1/12 になるのです。


数式の計算では、実数は、複素数の一部です。

複素数の一部である実数の世界という観点世界で計算すると無限大(∞)となるものが、全体である複素数の世界という観点世界で計算すると− 1/12 になるのです。


部分である実数世界に外をとりいれて、全体である複素数世界で計算すると、「実体(真実)だと思って見ていたものが「錯覚」で、真の実体が観えてくるいい例ですね。


まとめを記載しますね。


☆「認識するもの(みえるもの)は、たいていの場合、部分でしかない」


☆「認識するもの(みえるもの)が、すぐに実体とは限らない」


☆「概念に外を取り入れる」


☆ 「観点」に外をとりいれる」



☆「観点を外がないところまで移動する」



☆そのとき、はじめて、実体(真実)が観えてきます



観点の体操におつきあいいただき、ありがとうございました。



日常のいろいろな場面で、観点の体操は可能です。



観点の体操をして、柔軟な頭を創っていきましょう



参考図書は以下


ノ・ジェス著 0=∞=1





おわり

観点の体操は「外をとりいれる」 その10
はむたんの徒然なるままに


1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・=?


「観点の体操は、外をとりいれる」の巻 その10



自然数、整数、実数の世界(概念)では、

1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・= 無限大(∞)



複素数まで世界(概念)をひろげると・・・・・・


1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・= − 1/12


どちらが正しいのでしょうか?

どちらが正解で、どちらが間違っているのでしょうか?


それとも、どちらも正しいなんてことはあるのでしょうか?

「鍵」は・・・「観点」です。

つづく