プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
勉強会を紙上再現するシリーズ 「認識疾患と糖尿病」 第8回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第8回


製薬会社の営業職のみなさんに、ぼくは、質問しました。

「検証しましょう」

Q: 現在、医学・医療で採用している「体系(システム)」でうまくいっていますか?

糖尿病は身体(Body)の病気である」という大前提(公理とよびます)から創られた「体系(システム)」の中で、説明・診断・治療行為を行っています。それは、うまくいっていますか?


うまくいっていないところは、どんなところでしょうか?


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


営業職の方たちは、おもむろに、いろいろと紙にかきだしました。

それでは、訊ねてみましょう。

A: 

糖尿病が治る人はほとんどいない

薬をのんで、血糖値がさがっても、ずっと薬を飲み続けることになる、病院に一生かよわないといけない


一旦、薬をのんで、血糖値がさがっても、また、数値が悪くなって、薬がどんどんふえていく


糖尿病の患者さんの数がへらない、むしろ、どんどんふえていく


薬物療法は、対症療法にすぎない


合併症になる人が、あまりへらない


う〜む、いろいろとでてきますね・・・


つづく

コレステロールの生体内での働き その3

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 


〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 



第6回:コレステロールの生体内での働き(For) その3



「コレステロールは、生体になくてはならない栄養分子です」



働きその1:

コレステロールは、(動物)細胞膜を構成・維持する材料です。

働きその2:

胆汁の主成分である「胆汁酸」は、肝臓の肝細胞内で、コレステロールが酸化されてつくられます。消化液として、脂肪の吸収を助けます。

前回は、ここまで勉強しました。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



働きその3:

骨を形成するのに、大切なものはなんですか?・・・

そうですね。「ビタミンD」です。ここまでは、ご存じの方が多いと思います。それでは、ビタミンDは、何から創られるのでしょうか?どこで創られるのでしょうか?

実は、皮膚で、ビタミンDは創られます。皮膚が日光にさらされることで、ビタミンDが創られます。それでは、何からビタミンDが創られるかというと・・・・?

実は、コレステロールから創られます。


つづく










「外をとりいれる」の巻 その1
はむたんの徒然なるままに


「外をとりいれる」の巻 その1


1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・=


自分が認識している世界(宇宙)には、必ず基準点があります。基準点のことを、「観点」とよびましょう。逆に、観点が決定すると、自分が認識する世界(宇宙)の範囲が決定します。

ということは、観点がかわれば(移動すれば)、自分が認識している世界(宇宙)の範囲がかわります。解析結果がかわるといってもいいでしょう。

鍵になるのは、外をとりいれること。

数学でみてみましょう。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ものを数えるために、いち、に、さん、と数えることにしましょう(10進法ですね)。そして、1,2,3,4,5,6,・・・ときめました。これを、自然数と呼びますね。

ものが「有る」を出発として、その数を数えるわけですね。

自然数の世界の範囲で下記の数式を計算すると、いくつになるでしょうか?

1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・=

自然数の無限の和(無限に足し算していきます)は、いくつになるのでしょうか?

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

答えは・・・

自然数の世界の範囲で、計算すると、無限大(∞)になりますね。


それでは、外をとりいれましょう。

自然数の世界の外をとりいれるとは、どういうことでしょうか?



つづく

介護講談 上映会をひらきました
「介護講談」@新板橋クリニック


「介護講談」上映会を開きました。

荻久保 則男 監督
魂のピアニスト・介護士・ジェントロジスト 鬼塚 正広 さん
新板橋クリニック 清水 公一
参加された皆さま

みんなで観ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


介護には、どんなイメージがあるでしょうか?

「介護」=「たいへん」
「介護」=「つらい」
「介護」=「ゆううつ」
「介護」=「いらいら」
「介護」=「自己犠牲」
「介護」=「不幸」
「介護」=「ぼけた人、いうことをきかないしょうがない人、大嫌いな人」

それとも・・・・

「介護」=「満足感」
「介護」=「幸せ」
「介護」=「感謝」
「介護」=「達成感」
「介護」=「大好きな人」
「介護」=「楽しい」


家族で観る
地域で観る

介護を受ける我身を考える
介護をする我身を考える

みないふりはできません
さけることもできません

かならず直面することです

ならば・・

みんなで観る
みんなで語る
みんなで泣く
みんなでわらう

そんな場があってもいいですね

クリニックがそんな場だったらいいかもしれないですね




勉強会を紙上再現するシリーズ 「認識疾患と糖尿病」 第7回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第7回


製薬会社の営業職のみなさんに、質問しました。

「検証しましょう」

Q: 現在、医学・医療で採用している「体系(システム)」でうまくいっていますか?

糖尿病は身体(Body)の病気である」という大前提(公理とよびます)から創られた「体系(システム)」の中で、説明・診断・治療行為を行っています。それは、うまくいっていますか?


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:

営業職の方たち、しばらく、考えながら、紙にペンを走らせています。うーん、と頭を悩ませている方もいます。


★ 「はい」


うまく行っている部分は・・・・・・?

もちろん、あります。

それは・・・

「血糖値がさがることです」

薬物療法を導入すると、まちがいなく血糖値はさがります。血糖コントロールの指標である「ヘモグロビンA1c」は、低下してきます。正常値に近づいてきます。



・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ぼくは、質問します。


「ほかには、ありますか?」


みなさん、答えます。


「合併症を抑える」「合併症が減る」


ぼくは、質問します。

「ほかには、ありますか?」

みなさんは、

「・・・・・・・・・・・」


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それでは、うまくいっていないところは、どんなところでしょうか?

みなさんもどうぞ。



つづく