プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
診察室の風景 その11
診察室の風景 その11


「先生はうそをつく」


ある日のこと

10年近く通院している70代の女性の方。

診察室にはいってくると・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女性:「先生、先生、TV観た?」

ぼく:「どうしたんですか?」

女性:「TVでやっていたのよ。先生はうそをつくって」

ぼく:「へえ〜。そんなのやっていたんですか」

女性:「先生はうそをつくんですって。大丈夫、大丈夫、なんともないっていうんですって。」

ぼく:「うん、うん」

女性:「大丈夫、なんともないっていわれてたら、ある日突然、病気がみつかって、手遅れなんですって〜」

ぼく:「へえ〜。それはこわいですね」

女性:「そうよ〜。こわいわよ〜。先生、わたしは大丈夫?」

ぼく:「大丈夫ですよ。健康ですよ〜」

女性:「本当〜?先生。ちっとも健康だなんて思えないわ。あちこち痛いもの。あちこち気になるわよ。ある日突然病気がみつかったりして〜笑」

ぼく:「それは、こわいですね〜笑」

女性:「そうよ。先生。大丈夫?先生。ところで、先生。きいていい?先生は、うそをついてないわよね〜笑」

ぼく:「うーん、どうでしょうね〜笑」

女性:「え〜いやだわ〜。先生〜 笑」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぼくは、そのTVはみていないので、よくわかりません。

けれども・・


うそをつく
うそをつかない

そこが、本質的なところではないな〜とぼくは思います。

医療は、人と人とがお互いを尊重しあいながら、「対等な人間関係を構築」する場だとぼくは思います。

「対等な人間関係」と「お互いを尊重する姿勢・努力」からは、「信頼」がうまれるでしょう。

医療の本質は、そこだとぼくは思っています。

「対等な人間関係」
「お互いを尊重する姿勢・努力」
「信頼」

があれば、

たとえば、「うそも方便」

うそもうそでなくなるし

問題は生じないでしょう。


もちろん、適切な医療技術や診断があってのことですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとしきり、お話をして、

その女性は、診察室をでていかれます。

また、来月〜



なつかしい風景 「函館の夜景」
懐かしい風景 


【函館の夜景】


そこをはじめて訪れたのは高校2年生の夏

路線バスにのり、函館山をのぼっていきます

バスが山頂に到着し

展望台にむかって歩いて行くと・・

ぱっと目の前がひらけます

そこには、目がくらむような風景

声もなく、見とれるばかりです

ときどき、霧があらわれては消えます。

霧がはれると、美しい夜景が姿を現します

こんな美しい夜景があるんだ・・・・

ぼ〜と夜景を眺めていると

たちまち時間がすぎていきます

その後も何度か訪れている函館の夜景

また、いきたくなったな〜。


層雲峡の旅
「層雲峡の旅」


前日の夜は上川駅にて駅寝(駅の待合室あるいは駅舎の前で寝ること)。当時は、まだ、北海道の駅では、待合室の中で寝かせてくれるところが多くあり、上川駅は、一晩中駅舎を開放していました。上川駅では、10人以上の人が駅寝しており、その中のひとり(金沢大学の学生さん)と仲良くなりました。僕も大学2年生のときですね。


翌朝、上川駅からバスにのり層雲峡へと移動。たしか40分程度かかったでしょうか。すでに層雲峡をバイパスする立派なトンネルが開通しており、峡谷ぞいの旧道は、徒歩のみOK。大函・小函の間をゆっくりと、銀河の滝、流星の滝など、眺めながら散策。

散策後は、層雲峡から黒岳ロープウエイにのり、黒岳登山。登山道は比較的整備されており、片道3時間程度でゆっくりと登山可能。

黒岳から旭岳に向かってのルートもすこし体験。

山頂部にはたくさんの雪がのこっていて、汗がかわくとかなり涼しくなります。

北海道の旅は、旅先で知り合う人との離合集散を楽しみながら、まわることができます。

30年前の層雲峡

現在はどのようになっているのでしょうか?

再訪したい場所のひとつです。

診察室の風景 その10
診察室の風景 その10



「なんとかしてください」


今日は

ある女性のお話


・ ・・・・・・・・・・・・・


その女性は

職場にいやな上司がいます


顔をあわせると

話をすると

いらいらするので

嫌なので

できるだけ

さけています

にげるようにしています

けれども

上司なので

顔をあわせないといけません

指示をうけないといけません

さけようとしても

向こうから

近づいてきます

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある日の診察

ぼく:「どうですか?」

女性:「あいかわらです」

「かわりません・・・」

「もう、いらいらして」

「あの人なんとかなりませんか?」

「あの人、なんとかしてください・・!! 先生!!」

ぼく:「え?ぼくが・・・ですか?」

女性:「なんとかしてください〜。先生!!(笑)」

ぼく:「うーん。宿題にさせてください(笑)」


ぼくは、頭につばをつけて、座って考えます・・・。考えます・・。

うーん、いいアイデアはうかばないな〜。

どうしよう?

次回の診察が楽しみになってきました。

悩みのなくなる方法
診察室の風景 その9



「悩みのなくなる方法」


今日は

ある女性のお話


・ ・・・・・・・・・・・・・


その女性は

いろいろな悩みをかかえています

介護のこと

子供の受験のこと

自分の体調のこと

職場の対人関係のこと

父親との関係のこと

自分ではどうにもできないこと

1日中考えています

悩んでいます

・ ・・・・・・・・・・・・・・・

あるとき

あるWS(ワークショップ)にいってこられました

先生

きいて きいて

こんなこといわれたのよ〜

その女性が、WSのときの様子を

ぼくに、はなされます。


女性:「悩みはどうやったら、なくなるのですか?」

WSの師:「きづきなさい」

女性:「きづくにはどうしたらよいのですか?」

師:「あるがままの自分を受け入れるのです」

女性」「そんなことできません」

師:「どうしてですか?」

女性:「きらいなところや、いやなところがあるのに・・。きらいな自分はうけいれたくないです」

師:「それでは、もし、きらいな自分も受け入れられるとしたら?

女性:「そんなことできるんですか?」

師」「それでは、あるがままの自分を受け入れられるとしてみましょう。あるがままの自分を受け入れてみましょう」

女性:「どうやったら、あるがままの自分を受け入れられるのですか?」

師:「瞑想です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その女性は続けます


先生・・・・

そんなことをいうのよ〜

どう思います〜?


そんなこといわれてもね〜

忙しい毎日で

あっという間に1日がすぎちゃうのよ〜

瞑想っていわれてもね〜

先生、悩みのなくなる方法が、なにかない〜?


ぼく:「・・・・・」


「悩みのなくなる方法」


次回の診療が楽しみになってきました