プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
しくみには下部構造と上部構造がある
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第22回:しくみには下部構造と上部構造がある



Q:  しくみを知ったあとはどうしたらいいですか?


A: しくみを知ったあとは、「理解すること」「練習・実践すること」です。


このあたりまでくると、製薬会社の営業職の方たちは、目がしろくろ・・・・・しています。ついていけません〜。ちょっとまってください〜。という感じです。

ここまでだいたい約2時間弱の講義。質疑応答を繰り返しながらここまできました。

「糖尿病が認識疾患である」ならば、


「しくみ」にしたがって、「自立」をサポートするとよくなります


「しくみをしる」
「しくみを理解する」
「しくみを練習・実践する」

ことが大切です。

薬物療法、食事指導、運動指導などの介入療法でうまくいかないのであれば、新しい概念と新しい医療が必要です。概念の拡張が必要です。

それが、リセット医療です。リセット医療とは、「しくみ」にしたがって、「自立」をサポートする医療です。そして、しくみを一緒に練習・実践して、一緒に自立と健康を創っていく仲間となる医療です。


営業職の方たちとの勉強会はここまで。


あとは、紙上だけで進めていきましょう〜。


ポイントを簡単に列挙しますね。


しくみには下部構造があります
しくみには上部構造があります。
しくみには法則があります。
しくみは制御が可能です。

それでは、どうやれば制御できるのか?


つづく

「糖尿病は認識疾患である」ならばどうしたらいいですか?
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第21回:しくみを制御する



Q: 「糖尿病は認識疾患である」ならば、どうしたらいいのですか?


A: 「しくみ」にしたがって、「自立」をサポートするとよくなります


これまで、「概念」を拡張しながら観てきました・

「糖尿病は身体(Body)の病気である」

「糖尿病は行動の制御ができない病気である」

「糖尿病は精神活動(感情や緊張)の病気である」

そして

「糖尿病は認識活動(観点・アイデンティティ)の病気である」


既存の前提(公理)から創られた体系(システム)で、うまくいっていないときは、概念を拡張して、体系(システム)を見直すことが科学的態度です。

下記に、まとめた図表を掲載しますね。

それでは、「しくみ」を知るところまできました。

次ぎにどうしたらいいのでしょうか?


つづく

勉強会を紙上再現するシリーズ「認識疾患と糖尿病」第20回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第20回:閑話休題



Q: 糖尿病の「指導」はどんなことをするのですか?


A: 資料を添付しますね。糖尿病の「指導」の例です。



これだけの「指導」をするのは、大変な労力と時間が必要です。指導する「看護師さん」は大変なご苦労だと思います。


現代医療では、『糖尿病は身体の病気である』「糖尿病は生活習慣に由来する病気である」という前提で治療をおこなっています。そして、医療側は、「血糖値をさげる」「血糖コントロールをよくする」ために、いろいろな介入をします。


「糖尿病は生活習慣に由来する病気」ですから、「生活習慣をかえてもらう」「行動の変容を促す」目的で、看護師による面談指導や電話指導がおこなわれています。


その内容は多岐にわたり、かける労力と時間は、半端ではありません。けれども医療側の苦労のわりに、行動が変容せず、生活習慣も変わりません。変わらなければ、「血糖値が下がらない」「血糖コントロールが改善しない」「薬物療法の効果があがらない」ため、指導に従わない相手を非難する気持ち(なんでちゃんとやらないの)や自分の無力さ・非力さを感じる、あるいは、あきらめの気持ちを持ちながら、指導をしている看護師さんは少なくありません。報われない仕事です。しかも、「指導」なので、指導内容をきちんと整理して記載しないといけないので、書類仕事も大変です。


時間と苦労ばかりが増えていきます。


どうして、こうなるのでしょうか?


どうして、うまくいかないのでしょうか?



(追補:行動を制御できる方に対しての食事指導・生活指導は有効です。指導内容通りに実行されるので、血糖値をさげる、糖尿病を改善する効果があるので、指導する側も指導され実行する側も、満足感があります。そのような例は、全体の1〜5%です。)



うまく行かない理由は、ここまで、一緒に学んできたのでお察しだと思います。



「糖尿病は行動を制御できない病気」です。行動を制御できない方に、行動を制御する指導をしても、うまくいきません。そして、うまくいかないと、医療側はますます指導します。うまくできないところをみつけて指導します。患者さんにとっては、うまくできないところを責められているように感じます。できないことを言われ続けるので、いやになります。だから、患者さんは病院にいくのがいやになります。病院へいく日になると憂鬱になります。あるいは、どうせだめだから・・・、どうせできないから・・・とあきらめます。行動を制御できない方を、無理矢理行動を制御させようと思ったら、指導→脅し(脅迫)→監禁・洗脳しかありません。なので、医療側は、まず患者を指導します。指導してもだめなら、脅します。合併症で大変なことになるよ。指導しても脅しても行動を制御できないと、監禁します。それが、教育入院です。入院すると無理矢理に行動を制御されます。入院中は、無理矢理行動を制御され、教育をされます。けれども、行動を制御できないので、退院すると、もとの生活習慣にもどります。


そして、「指導」とは、「管理」です。「管理」とは「介入」です。
医療側と患者側の関係は、指導する側と指導される側の関係、管理する側と管理される側の関係、つまり縦の関係(上下関係)です。そこからは、仲間意識はうまれようがありません。そして、「介入」からは「自立」は育ちにくいです。


「糖尿病が認識疾患である」ならば、「真の自立」がKeyとなります。自立をうまない医療、横の関係(対等な関係、お互いを尊重する関係、仲間意識)をうまない医療では、うまくいかないのです。


そして、うまくいかないのに、業務量だけは増えていきます。書類仕事にかける時間が増えていきます。


上記の負のスパイラルに、医療側も患者側もおちいっているのです。


悲しくなりますね。


それでは、「糖尿病は認識疾患である」ならば、どのようにしていけばいいのでしょうか?


ぼくは、営業職の方たちに問いかけます。



次回以降は、いよいよ、核心にせまっていきたいと思います。



つづく

勉強会を紙上再現するシリーズ「認識疾患と糖尿病」第19回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第19回


最新の糖尿病の定義がわかりました。概念を拡張して、外をとりれていくことで、糖尿病の新しい、そして、本当の姿があきらかになりました。


ぼくは、営業職の方たちに、質問してみました。


糖尿病の新しい定義がわかって、どんなイメージがわきましたか?どんなふうに思いますか?


営業職の方たちの様子は・・・・・


「う〜ん・・・」
「へ〜・・・」


まだ、ピンとはこないようです。

無理もありません。

概念の拡張、外をとりいれる、ということは、まったく未知の世界に出逢っていくことです。とまどうのも無理ないかもしれません。

図にまとめてみますね。ぼくは、図を提示しました。


私たちの認識活動は、このようになっていると思ってください。そして、認識活動は、わたしたちが、意識する、意識しないにかかわらず、自動的に、瞬時に、おこなわれます。観点からスタートして、常に、いまこの瞬間も、認識活動は行われています。

その延長線上に、行動があり、生活習慣があり、身体や心の病気があるのですよ。

だから、

「糖尿病は認識疾患である」と定義できるのですよ。


ぼくは、営業職の方たちに、語りかけます。



それでは、新しい糖尿病の定義が明らかになったことで、糖尿病の治療はどうかわるのでしょうか?


つづく


勉強会を紙上再現するシリーズ「認識疾患と糖尿病」第18回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第18回



「認識活動」と「観点」について学びました。


そこで、ぼくは、営業職の方たちに、再び質問しました。


Q: 糖尿病は、「身体(Body)の病気であり、行動の制御ができない病気です」という大前提(公理)に外をとりいれると、どうなるでしょうか?


A: 糖尿病の、最新の定義は下記のように記載できます。


1.「糖尿病は、身体(Body)の病気」です

2.  「糖尿病は、生活習慣に由来する病気」です

3.  「糖尿病は、行動を制御できない病気」です

4.  「糖尿病は、感情と緊張の制御不能に由来する病気」です

5.「糖尿病は、認識活動から発生する病気」です

6.「糖尿病は、アイデンティティの病気」です

7.  糖尿病は、身体(Body)と心の病気」です

8.「糖尿病は、観点・基準点の病気」です




ここまで概念を拡張すると、


「糖尿病は、認識疾患である」    


と定義が可能になります。

つづく