プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
【機能性胃腸症】 テキスト その15
【機能性胃腸症】 テキスト

第1章【心と体をひとつに動かすしくみ】

その15 【しくみの構造・機能からみた治療法】


2. 神経ブロック

【機能性胃腸症】の痛みは、腹腔神経節を介していることが多いので、【腹腔神経節ブロック】が有効な例があります。これは、膵臓癌の痛みなどにしばしば行われる手法で、熟練した医師であれば、比較的安全に遂行可能で、うまくいけば除痛効果も高いです。けれども、保険適応になっていないので、施行している保険医療機関は少ないと思います。また、神経ブロックの効果は残念ながら一時期的です。わかりやすい例は、顔面けいれんに対するボツリヌス毒素をつかった治療です。顔面(とくに眼筋)けいれんには、保険適応でボツリヌス毒素を注射してけいれんをとめる治療が一般的におこなわれるようになりました。その効果はかなり高く、けいれんはとまります。けれども、数ヶ月程度たつと、けいれんが再燃してきます。なぜなら、顔面けいれんも、ほとんどの場合、【コップ】から【緊張】【感情】【情報(脳の疲労)があふれることで発症しています。ボツリヌス毒素をけいれん部位に注射すると、神経から筋肉に電気信号が伝わるのを遮断(電気信号自体を消しているわけではありません)するので、みかけ上けいれんはとまります。【ふた】をして【コップ】からあふれるのをおさえている状態です。数ヶ月もすると、おさえきれなくなり【コップ】から【感情】【緊張】【情報(脳の疲労)】があふれてくると、けいれんが再発するわけです。

【機能性胃腸症】もまったく同じ原理・法則です。神経節ブロックをすると、腹痛・胃痛・上腹部痛・背部痛は一旦改善・消失します。けれども、数ヶ月以降に、症状が再発してきます。

ただ、安定剤をのんだり、神経ブロックをしてしばらくの間は、症状が改善・消失するので、時間をかせぐことができます。その間に、より根本的に【しくみを制御する】治療をおこなうことが可能となります。


【機能性胃腸症】 テキスト その14
【機能性胃腸症】 テキスト

第1章【心と体をひとつに動かすしくみ】

その14 【しくみの構造・機能からみた治療法】


1. 安定剤(抗不安薬、抗うつ薬など)


ステージ1では、【コップがあふれている状態】のときに、安定剤で【ふた】をすると症状が改善・消失することが多いです。けれども、【緊張】【感情】【情報(脳の疲労)】がどんどんたまり続けて、コップの中の圧力が高まると、【ふた】ではおさえきれなくなります。すると、また症状が出現してきます。こうなってくると【学習効果(記憶)】してくるので、【ステージ2】ですね。安定剤をさらにもう1種類、2種類とあわせることで、【ふたの重み】がますとあふれるのを止めることができます。すると、症状は改善・消失します。けれども、【緊張】【感情】【情報(脳の疲労)】がたまり続けると、ふたたび【ふた】ではおさえきれなくなり、あふれてきます。こうなると【ステージ3】ですね。【ステージ3】まで状態が進むと、【ふた】では、おさえきれなくなります。以前なら安定剤で症状が改善していたのですが、複数種類の安定剤をのんでも症状がまったく改善しなくなります。なぜなら、【コップ】から【感情】【緊張】【情報(脳の疲労)】があふれるのを、とめられなくなるからです。【しくみが制御困難な状態】になったことを意味しています。はじめは、安定剤で症状がよくなっていたのに、だんだん効果がなくなってきたときは、上記のような経緯をたどっています。

【心の不調がはじめに出現した方】は、安定剤を処方され、服用していることが多いです。やがて、【学習効果(記憶)】【形状記憶】によって、【ステージ3】となり、からだに症状がでてきます。そのため、こころの不調を合併している【ステージ3】の【機能性胃腸症】の治療は、かなりの努力と時間を要します。すでに安定剤を複数種類服用していることが多いため(心療内科や精神科で心の不調に対して処方されます)、他の西洋薬はほとんど効果ありません。

【機能性胃腸症】 テキスト その13
【機能性胃腸症】 テキスト

第1章【心と体をひとつに動かすしくみ】

その13 【しくみの構造・機能からみた治療法】


一見、おなじような症状にみえる【機能性胃腸症】ですが、その程度(ステージ)は、【しくみの制御状態】で随分違います。【法則】にしたがい、【Deep Learnig】しながら、症状は繰り返していきます。【第1法則】の状態の【機能性胃腸症】は、【ステージ1】、【第1〜2法則(学習効果:記憶)】の状態の【機能性胃腸症】は、【ステージ2】、【第1〜第3法則(形状記憶)】の状態の【機能性胃腸症】は、【ステージ3】になります。


ステージが進むほど、症状は繰り返しやすくなります。また、調子の悪い箇所が増えてきます。しまいには、ずっと調子の悪い状態が続き、日常生活がままならなくなります。ステージ3では、【しくみが制御不能状態】になっていますので、制御を回復するまでは
かなりの努力と時間がかかりますし、なかなか症状がよくなりません。はじめに心の不調が先にでてきて、その後からだの不調がいろいろでてきた場合は、ステージ3のことがほとんどです。


【しくみが制御不能状態】になっているときは、なによりも症状の改善・消失が優先します。そのようなときは、西洋医療(現代医療)が必要になってきます。それは、コップからあふれている【感情】【緊張】【情報(脳の疲労)】を【ふた(重し)】をしておさえてしまうことです。


代表的な【ふたをする治療】を以下に記載します。↓


1. 安定剤(抗不安薬、抗うつ薬など)
2. 神経ブロック




ここまでのポイント


☆ 【機能性胃腸症】には、【しくみの制御状態】に応じて、【ステージ】があります。


☆ 【法則】にのっとって、【ステージ1】【ステージ2】【ステージ3】と分類されます。


☆ 【しくみが制御不能状態】におちいったときは、【コップ】に【ふた】をしてあふれるのをおさえこむ治療があります。


☆【ふたをする治療】には、安定剤や神経ブロックなどがあります。




【認識疾患と糖尿病】 テキスト 第28回
【認識疾患と糖尿病】 テキスト 第28回

【心と体をひとつに動かすしくみ】

その4 【しくみの構造・機能】

人間は、【心】と【体】から構成されています。そして、【心】と【体】は分離できない【ひとつ】です。

そこで、みなさんと一緒に【イメージ】をしてみようと思います。

人間を【心】と【体】がひとつになった【コップ】だとイメージしてみましょう。

【コップ】ですから、生活しているといろいろなモノがたまってきます。それでは、どんなものがたまってくるのでしょう?

2種類あります。【みえるもの(検査で観察できる・測定できる)】と【みえないもの(検査で観察できない・測定できない)】の2種類が【コップ】の中にはたまります。

ここまで、よろしいでしょうか?

ここまでのポイント
☆【心と体を分離できないひとつで動かすしくみ】をイメージしてみます
☆【人間は心と体のあわさったコップ】とイメージします。
☆【コップ】には、【みえるもの】と【みえないもの】がたまります。

【機能性胃腸症】 テキスト その12
【機能性胃腸症】 テキスト

第1章【心と体をひとつに動かすしくみ】

その12 【しくみの構造・機能】

すると、【機能性胃腸症】だけでなく、目にみえる病気一般、目にみえない体や心の不調、対人関係、生活習慣、など、【共通のしくみ】で動いていることがわかります。

そして、【共通の法則】にしたがっていることがわかりますね。

さて、【機能性胃腸症】にもどりましょう。【コップ】から【緊張】【感情】【情報(脳の疲労)があふれると、【体や心の不調】があらわれてきます。それならばどうしたらいいのでしょうか?

一緒に考えてみましょう。

うん、そうですね。
【あふれると発症する】ならば、【あふれないようにする】と発症しなくなりますね。それでは、どうやったら【あふれないようにする】ことができるのでしょうか?


3つに整理できます。

1 【緊張】【感情】【情報(脳の疲労)】をコップにためないようにする
2 【コップ】にたまった、【緊張】【感情】【情報(脳の疲労)】を減らす
3 【コップ】に重しふたをして、上からおさえてしまって、あふれないようにする