プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第16回



ぼくは、営業職の方たちに問いかけます。


Q: 糖尿病は、「身体(Body)の病気であり、行動の制御ができない病気です」という大前提(公理)に外をとりいれると、どうなるでしょうか?



「身体(Body)の病気」の外をとりいれると、「行動の制御ができない病気」になりました。それでは、「行動の制御ができない病気」の外をとりいれるとどうなるのでしょうか?

そのためには、しっておかないといけない概念があります。それは、「観点(基準点)」と「認識活動」についてです。


認識活動については、まとめて、下記に記載しますね。


1.ものごとには、すべて「観点(基準点)」がある
2.物理・数学・科学の世界では、観点のことを「公理」と呼ぶ
3.意識・認識学の世界では、観点(基準点)から、主観的な意識世界、認識世界が創られると定義する
4.観点(基準点)から、主観的な認識世界が常に創り続けられている
5.主観的な認識世界が創り続けられる活動のことを、「認識活動」と呼ぶ
6.「認識活動」から、いわゆる心や精神がうまれてくる
7.心と身体は「分離できないオンリーワン」で「ひとつ」である
8.認識活動から、表情・言動・行動・生活習慣が誘起される


ということは・・・・・・


「行動の制御ができない病気」の外をといれると・・・・?








つづく



勉強会を紙上再現するシリーズ 「認識疾患と糖尿病」 第16回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第16回



ぼくは、営業職の方たちに問いかけます。


Q:「教育入院」って何でしょう?



営業職の方たちは、答えます。


「正しい生活習慣、適切な食事内容や食事習慣を身につけてもらい、実践してもらうためにの教育をおこなう入院ですよね」

「入院して、何が正しい生活習慣なのか、何が正しい食生活なのかを教育する目的がありますよね」

「入院することで、不摂生な普段の生活から隔離して、正しい生活習慣にもどして、血糖値をよくする目的もありますよね」


ぼくは、答えます。

そうですね。そういう目的で、教育入院がおこなわれますよね。

ここで、一緒に考えてみてください。「糖尿病は身体(Body)の病気であり、行動制御ができない病気」という大前提を思い出してください。「行動の制御」という観点で、教育入院を観てください。


A: 行動の制御ができない人に、他人が行動を制御させようとして、うまくいかないとき、しばしば、「力」をつかって他人の行動を制御させます。「力」とは何でしょうか?


はじめは、「命令・指導」します。教育する側は「上」、命令される側は「下」です。上下関係がうまれます。「命令・指導」がうまくいかないと、別の力を使います。

「脅す」ことです。脅して恐怖心をつかって行動を制御します。そして、脅しがうまくいかなかったらどうしましょうか?

「暴力」をつかいますか?暴力をつかって行動を制御することはできます。でも、暴力をつかったら犯罪ですよね。そこで、特定の環境・施設内に「隔離(閉じ込めて)して」、行動を制御すること・行動を変えさせようとします。発想は刑務所と一緒ですね。「洗脳」と呼ぶこともありますね。医療では、「教育入院」と呼びます。


教育入院は、特定の環境・施設に閉じ込めて、行動を変えさせるという視点では、「力」を使って他人の行動をかえようとする医療行為です。けれども、教育入院は、通常短期間であるため、洗脳するまではいたりません。そのため、退院して、通常の環境にもどると、今までの行動にもどってしまいます。自発的に行動を制御する、あるいは、自発的に行動がかわらないと、継続しません。


注:教育入院で、自発的(自律・自立的)に、行動を自ら変容させることで、行動を制御して、糖尿病を改善・消失させる方たちは、もちろんいらっしゃいます(ただし、全体の10%未満)。



このようなお話をさせてもらうと、営業職の方たちは、「う〜ん」とうなっています。


そこで、ぼくは、営業職の方たちに、尋ねました。


それでは、行動を制御させるのに、「力」をつかってもうまくいかないのであれば、また「外をとりいれましょう」。


Q: 糖尿病は、「身体(Body)の病気であり、行動の制御ができない病気です」という大前提(公理)に外をとりいれると、どうなるでしょうか?



つづく


勉強会を紙上再現するシリーズ 「認識疾患と糖尿病」 第15回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第15回


ぼくは、営業職の方たちに質問しました。


Q: 「糖尿病は、からだの病気であると同時に行動の制御ができない病気」です。食事「指導」、運動「指導」をおこなって、糖尿病患者さんの行動を、医療者がかえようとしてもうまくいきません。糖尿病患者さんの行動がかわりません。「指導」しても、「やさしく教えて」も、「やさしく言い聞かせて」も、そして「脅して」も、糖尿病患者さんの行動がかわらないとします。どうしたらいいでしょうか?


皆さんが、医師だったら、どうしますか?


A: 営業職の方たちは、しばらく考えて答えます。


「入院させるしか・・・ないですね・・・?」


「教育入院ですね!!」


ぼくは、答えます。


「その通りですね」


けれども、教育入院ってなんでしょうね?


ぼくは、問いかけます。


つづく



勉強会を紙上再現するシリーズ 「認識疾患と糖尿病」 第14回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第14回


ぼくは、営業職の方たちに質問しました。


Q: 「行動の制御ができない病気」に対して、食事「指導」、運動「指導」は、どんな意味があると思いますか?



営業職の方たちは、「う・・・ん・・・」


A: 「苦痛です」「拷問です」


行動の制御ができない人が、行動の制御を指導されたら、苦痛ですね。さらに強要されれば、拷問ですね。そして、行動の制御ができないことを非難されたら、最悪ですね。


糖尿病が、「身体(Body)の病気であり、行動の制御ができない病気です」と定義すると、食事「指導」や運動「指導」は、できないことを、何度も、何度も強制・強要することです。できないことを強制・強要されてもできないですよね。でも、できないと非難されるんです。


「なんで食べちゃうの!!!」
「なんで運動しないの!!!」
「だめじゃない!!!」
「これだけいってもやらないなら、どうなってもしりませんよ!!!」
「合併症になって、失明しますよ、透析になりますよ、心筋梗塞になりますよ」


これでは、ますます、やる気はうせていきます。人格を否定されている感じがします。


そして、くじけてしまうと、口癖は「つい」「つい」になります。言い訳するしかなくなります。


おどしても、行動を制御させることができないと、どうしたらいいでしょうか?


皆さんが、医師だったら、どうしますか?



つづく



勉強会を紙上再現するシリーズ 「認識疾患と糖尿病」 第12回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第13回


ぼくは、営業職の方たちに質問をしました。


「糖尿病は、身体(Body)の病気であり、行動の制御ができない病気です」という大前提(公理)から、現代の診断・治療行為を観ると、食事指導や・運動指導についてはどう思いますか?


営業職の方たちの回答は・・・


「そうだな〜。食事療法がうまくできたという人はあんまり聞かないな〜。」

「教育入院して、入院中は病院の食事だから、血糖値も改善するけれど、家にもどったら、食事もなんとなくになって、がまんするから、かえって反動で、食べちゃって、余計に太ったりするという話をきくな〜」

「食事指導で糖尿病が良くなった人は、そんなにいないですよね〜」

「運動指導で、ちゃんと運動する人は、どれぐらいいるのかな?仕事でいつも帰りが遅かったり、飲み会があると、週末も疲れて寝ちゃうし、運動できないよ〜」

などなど

ぼくは、みなさんに解説します。

大学病院と違って、日常の地域診療で糖尿病の患者さんと接していると、教育入院されて食事指導を受けて、それをそのまま自宅でも実践できる人は、10%未満ですね。クリニックの外来に通院する方で、食事の制御をすぐに実践できる人は5%程度かな。その他の方たちは、つい、つい、食べちゃいますね。たべるのが楽しみという方、食べるのが唯一つのストレス発散法という方が多いですね。


「糖尿病は身体(Body)の病気であり、行動の制御ができない病気」だな・・とつくづく、ぼくは思います。


営業職の皆さんは、うんうん とうなずいています。



ここで、ぼくは、営業職の方たちに質問します。


Q: 「行動の制御ができない病気」に対して、食事「指導」、運動「指導」は、どんな意味があると思いますか?


つづく