プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
体内のコレステロールプールの制御 その3

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 



〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 



第13回:体内のコレステロールプールの制御(By):その3


Q:コレステロールは、血液中の「コレステロール値」で制御されているのでしょうか?


A: その答えは、No(いいえ)です。


体内のコレステロールの量を一定に保つためには、「なにか」の基準が必要です。それは、「細胞内のコレステロール量」です。細胞は、血液から細胞内にコレステロールを取り込みます。とりこんだコレステロールを材料にして、「細胞膜」をつくったり、ホルモンをつくったりします。細胞内に一定量のコレステロール量が保たれていることが、体内のコレステロールの量を一定に保つための基準になります。


つづく

体内のコレステロールプールの制御:その2

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 



〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 



第12回:体内のコレステロールプールの制御(By):その2



体内でのコレステロールの動きをしりたいときは、制御のしくみに観点をうつすとわかりやすいかもしれまえせん。


Q: 体内のコレステロール量を一定に保つために、どのようなしくみを使って制御しているのでしょうか?




A: 制御するためには、「なにか」の基準が必要です。たとえば、糖分です。糖分は、血糖値という基準で厳密に制御されています。血液中の糖の濃度(これを血糖値と呼びますね)が、70〜130の間で制御されるように、さまざまなしくみが体内で働いています。糖分は、「血糖値」という数値基準で制御されています。



それでは、コレステロールはどうでしょうか?コレステロールは、血液中の「コレステロール値」で制御されているのでしょうか?


つづく


体内のコレステロールプールの制御:その1

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 



〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 



第11回:体内のコレステロールプールの制御(By):その1



「食事を注意して(血液中の)コレステロールの数値をさげるように」という栄養指導をよく耳にしませんか?実際に、指導されている方もいるかもしれません。一生懸命脂肪分の摂取を控えているかたもいるかもしれません。


これって、どこまでが本当でしょうか?


繰り返しになりますが、


★「コレステロールは、生体になくてはならない栄養分子です」


生体になくてはならない栄養分子であるため、生体は、体内にコレステロールをプール(体内のコレステロール量を一定に保つ)することにしました。そうならば、まず、コレステロールは、どんなしくみで制御されながら、体内を動いていくのか(By)をしってから、判断するといいかもしれません。


つづく




生体内のコレステロール量は?

 
「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 


〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 



第10回:生体内のコレステロール量は?


★「コレステロールは、生体になくてはならない栄養分子です」


生体は、コレステロールを生体内にプールしておいて活用すること思いつきました。成人の体内には、コレステロールが100〜150グラムあると推定されています。そのうちの1/4量(25~30グラム)が脳、更に脳・脊髄・末梢神経まで含めると1/3量(40~50グラム)を占めています。


繰り返しますね。


★「コレステロールは、生体になくてはならない栄養分子です」


コレステロールは、細胞膜を構成する「脂質」です。そして、下記の役目があります。


「膜」を構成・維持する材料
「ビタミンD」の材料
「胆汁(酸)」の材料
「性ホルモン・副腎皮質ホルモン」の材料
「脳・神経系」に多く含まれる


「肝臓」「脳・脊髄・神経系」に多く存在します。


それでは、コレステロールは、どんなしくみで制御されながら、体内を動いていくのでしょうか?(By)


つづく




コレステロールプールという考え方

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 


〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 



第9回:コレステロールプールという考え方


「コレステロールは、生体になくてはならない栄養分子です」



働きその1:

コレステロールは、(動物)細胞膜を構成・維持する材料です。

働きその2:

胆汁の主成分である「胆汁酸」は、肝臓の肝細胞内で、コレステロールが酸化されてつくられます。消化液として、脂肪の吸収を助けます。


働きその3:
皮膚が日光にさらされることで、コレステロールからビタミンDが創られます。骨の形成・維持に必要です。


働きその4:


女性ホルモン、男性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどは、コレステロールから創られます。

働きその5:

脳・神経系にコレステロールがたくさん含まれています。



★ 「コレステロール」は、生体にとってなくてはならない栄養分子です。


そこで、生体は、コレステロールを生体内にプールしておいて活用すること思いつきました。

Q: 生体内には、どれぐらいの量のコレステロールがプールされているのでしょうか?



つづく