プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
観点の体操は「外をとりいれる」 その11
はむたんの徒然なるままに


1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・=?


「観点の体操は、外をとりいれる」の巻 その11



1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・= 無限大(∞)



1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・= − 1/12


これは、どちらが正しい、どちらが間違っているという話しではありません。

数式を扱う世界(概念)が、変化すると、無限大(∞)であったものが、− 1/12 になるのです。

概念は、大前提(公理:それ自体は証明をしなくていいこと)から創られます。大前提を「観点」と呼びますね。

つまり、観点から創られる概念正解が変化すると、無限大(∞)であったものが、− 1/12 になるのです。


数式の計算では、実数は、複素数の一部です。

複素数の一部である実数の世界という観点世界で計算すると無限大(∞)となるものが、全体である複素数の世界という観点世界で計算すると− 1/12 になるのです。


部分である実数世界に外をとりいれて、全体である複素数世界で計算すると、「実体(真実)だと思って見ていたものが「錯覚」で、真の実体が観えてくるいい例ですね。


まとめを記載しますね。


☆「認識するもの(みえるもの)は、たいていの場合、部分でしかない」


☆「認識するもの(みえるもの)が、すぐに実体とは限らない」


☆「概念に外を取り入れる」


☆ 「観点」に外をとりいれる」



☆「観点を外がないところまで移動する」



☆そのとき、はじめて、実体(真実)が観えてきます



観点の体操におつきあいいただき、ありがとうございました。



日常のいろいろな場面で、観点の体操は可能です。



観点の体操をして、柔軟な頭を創っていきましょう



参考図書は以下


ノ・ジェス著 0=∞=1





おわり

しっていそうで しらないはなし 「睡眠・脳波・意識」:その3
「睡眠・脳波・意識」


第3回:「睡眠」と「覚醒」の違いをしる方法?



教えて〜。Google先生。検索してみましょう。


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


A: 検索してみました。


「脳波」ですね。


脳の活動を、脳波で測定する方法が発見されたのは1920年代です。医学研究者は、脳波を測定することで、睡眠と覚醒の定義する試みをしました。


それでは、脳波を測定することで、睡眠や覚醒をどのように定義したのでしょうか?



つづく

病院では決して教えてもらいない糖尿病の治し方:リセット医療 Part 1
リセット医療シリーズ 監修 清水 公一

[「病院では決して教えてもらえない糖尿病の治し方」

新板橋クリニック 清水公一院長が、糖尿病の原因やしくみ、病気の症状、治療方法などについて解説します。また、病院では、決して教えてくれない、最新の食事療法や、行動変容プログラム、リセット医療についてくわしく解説しています。一生、病院に通いながら、服薬やインスリン治療を受けなくてはならなかった時代から、糖尿病を卒業できる時代になりました。

リセット医療の概要と糖尿病について、学ぶことができます。

病院では決して教えてもらいない糖尿病の治し方

全編ご覧になられてください。

ありがとうございます。

新板橋クリニック 院長 清水公一


Part1 ご試聴いただく前に


 https://youtu.be/K3bWeQDmJD8

診療科目の境界線なく、どんな症状でも気軽に受診できるクリニック
―先生の地元も板橋とのことですが?


大学卒業と同時に板橋に住むようになり、それ以来ずっと住んでおります。人生の半分以上は板橋で過ごしてきましたね。とても優しく人情味のある方が多く、住みやすい街だと思っています。そんな地域の方々が病院を探して大変な思いをすることがないよう、「ここに来れば何でも診てもらえる、安心して相談に乗ってもらえる」というクリニックを作りたいと思い、2008年4月に当院をオープンしました。今からふりかえると、長いようであっという間の10年ですね。
新板橋クリニックが取材を受けました
新板橋駅から徒歩1分、国道17号沿いにある「新板橋クリニック」は、個人の医院とは思えないほどの規模と設備を持つ地域のためのクリニック。「風邪を引いた」「頭が痛い」といった日常の診療から、専門の消化器外来・内視鏡による検査と治療・ガン治療・人間ドック・訪問診療まで。地域医療に必要なすべての診療を提供している。そのため総合病院レベルの治療を、気軽に地域で、その場で受けることができる。そして、個人医院ならではの、きめ細やかなフォローが受けられるので、周辺の地域の人にとってはまたとない頼れるホームドクターと言えるだろう。院長の清水公一先生は、優しくソフトな雰囲気のベテランドクター。「地域の方々が困ったときに、ここに来れば何でも診てもらえる、安心できるというクリニックにしたかった」と語る、清水院長。常に患者の立場に立った、丁寧な治療を実践している院長に、静かな笑顔の中に秘めた医療への熱い想いをお聞きすることができた。(平成28年5月取材)