プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
新板橋クリニックの自己点検リスト
医療法人社団紬愛会 新板橋クリニック

私たちには、毎日自分たちに言い聞かせている言葉があります。

• 「口」は 人を励ます言葉や 感謝の言葉を伝えるために 使おう
• 「耳」は 人の言葉を 最後まで聴いてあげるために 使おう
• 「目」は 人のよいところを 見るために使おう
• 「手足」は 人を助けるために 使おう
• 「心」は 人の痛みが わかるために 使おう
• 私たちを 助けてくれる 支えてくれる人たちが してくれることを 今度は 私たちがしよう
• 「あたりまえ」と思っていることを 「ありがとう」と思い 相手に 伝えよう 行動しよう


新板橋クリニックの医師は、次の自己点検を常に心がけています。

• あなたの顔をみながら話を伺います。
• あなたの体を診察しないで、診療を終えません。
• わかりやすくキチンと説明をします。
• あなたの問題点や診療内容・治療方針・検査結果などを、わかりやすく紙に書いて説明します。
• あなたの体のことや心配事、病気のことに他人事でなく対応します。

新板橋クリニックの職員は、次の自己点検を常に心がけています。

• 患者様に対し、常に奉仕の心で診療にあたります。
• あいまいで、確信のない処置は必ず再確認し、納得して行います。
• どんな小さなミスも必ず報告します。
• 医師、看護師、パラメディカルが良好なコミュニケーションのもとにチーム医療を行います。
• 患者様・御家族と十分な対話・説明の時間をとります。
• 患者様・御家族にわかりやすい説明ができるように心がけます。
• 常に最良の体調で診療にあたるべく節制をしています。
• 人に不快を与える事の無いように身だしなみや言葉使いに気をつけています。
• 勤務中、勤務室での雑談は慎んでいます。
• 常に新しい医療情報の入手を心がけています。
• カルテ、書類などの整理は翌日に回しません。
• 来院された方に快適にお過ごしいただく環境整備を常に心がけています。

新板橋クリニックの診療方針・治療指針
新板橋クリニックの治療方針・診療指針

新板橋クリニックの治療方針は次の通りです。

• 健康管理・健康維持・健康診断・疾病の早期発見など、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として役立てるよう努力します。

• 消化器病、生活習慣病(高血圧、高脂血症、不整脈、糖尿病など)など、生活に密着した疾病を専門的に診療できるよう努力します。また、専門的な病院との連携を図り、適切な紹介がスムーズにできるように努力します。

• 健康相談や漢方専門外来など健康維持に必要な診療を行えるよう努力します。

• がんの早期発見、消化器がんの化学療法・緩和医療、がんの在宅医療など、がん治療を専門的に行うがん治療拠点クリニックとなるよう努力します。がん治療専門施設との連携・紹介を密接にいたします。がん性疼痛治療、がん緩和医療、在宅医療なども専門的に行い、がんのことを身近に相談できるよう努力します。

来院される方に安心や満足をもたらすように、次のことを努力します。

• 快適な医療環境を提供するよう努力します。
• 常に人を思いやることを忘れないよう努力します。
• 健康的な生活を維持するための質の高い医療や情報を提供するよう努力します。
• 十分な説明のもとに医療を提供するよう努力します。
• 笑顔と挨拶・親身丁寧な対応を努力します。
• 職員同士が和を大切に、不愉快なく来院できるクリニックになるよう努力します。

新板橋クリニック 院長挨拶と医療理念
医療法人社団紬愛会 新板橋クリニック

清水院長ご挨拶・医療理念

平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分の場所に、新板橋クリニックを開設いたしました。それから10年がたちました。今までの医療をふりかえりながら、新しい医療のあり方・方向性を考え、「ともにつくる健康社会」「心と体をひとに動かす健康のしくみ」「お互いを尊重する対人関係の構築」「健康のしくみと認識疾患」「リセット医療」をミッションとしてこれからの10年を歩もうとしています。診療内容は大きな変更はありませんが、リセット医療センターを開設したことで、ミッションにむけた取り組みが、より大きくなってきたと思います。

消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。

がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、緩和ケアセンター・在宅医療センターを併設いたしました。

また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。

検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。

機能性消化管疾患(胃・食道逆流症、機能性胃腸症、過敏性腸症候群)が発症する「しくみ」を明らかにして、しくみに基づいて、患者さん自らが症状を改善して制御していく「自立」を目標とした専門治療をおこなう「リセット医療センター」を開設しました。過去10年間の専門治療の経験を蓄積しながら複数の医師の体制で診療を開始しています。また、本当の健康とは何か?なぜ?どのように病気が発生・顕在化してくるのか?に着目して、意識、認識、感情、緊張の蓄積といったストレスが、病気の顕在化につながることから、「認識疾患」という新しい概念を提唱しています。意識や心、認識や感情・緊張をリセットしていく「リセット医療」を診療に取り入れ、「認識疾患としくみから観る医療」の実現・普及に努めています。

上に記載した内容で、今後10年を診療してまいります。全職員が誠心誠意努めてまいりたいと思います。安心して来院されてください。


新板橋クリニック院長 清水公一

医療法人紬愛会について
医療法人紬愛会 新板橋クリニック

理事長 清水公一のご挨拶

「紬愛会」とは?

現代医療では、さまざまな検査・技術・治療・薬などがあります。また、医療レベルをあげるための医学研究などもさかんにおこなわれ、最先端の医療がつぎつぎと世の中にでてきています。ふとたちどまってまわりをみまわしてみると・・・。【本当の健康】はそこにあるでしょうか?【本当の安心】はそこにあるでしょうか?【本当の信頼】はそこにあるでしょうか?【互いに尊重しあう人間関係】はそこにあるでしょうか?

常に新しい知識・技術をとりいれ、最先端の医療を提供する努力を続けると同時に、今までの医療にかけているものをとりいれて【健康社会】を創り続ける、それが紬愛会の誕生の理由です。

医療とは、「苦しみ、不安、不信、生きる意味の喪失を軽くするケア」をいいます。そこには、当然、検査やいろいろな治療、投薬などがあります。施設や制度やしくみなどの拡充も含まれます。けれども、どんなに医療技術が進み、どんなに制度やしくみが進み、どんなに医療施設などが立派になっても、こえられない壁があると思うのです。【情報のやりとり】だけではこえられないものがあると思うのです。

それは、医療はつまるところ「対人関係の構築」があって成り立つということです。医療を提供する側と医療を受ける側という関係があるとしても、そこには、上下関係はなく、お互いを尊重しあう横(対等)の関係が基盤となるはずです。【介入と依存】ではなく、【自立】した関係、【思いや感情のやりとりをする関係】があると思うのです。これは、医療にとどまらず、家庭や地域・コミュニティ・社会にもあてはあると思います。

【健康な対人関係】から【信頼】が生まれます。【信頼】からは、【安心】が生まれます。【信頼と安心】からは、【自己受容】と【お互いを尊重しあう認識】が生まれます。


紬愛会は、3つのことを大切にしながら、活動をしていきます。
1. お互いを尊重しあう【対人関係の構築】を大切にします。
2. 「心と体をひとつに動かす健康のしくみ」を制御・実践する医療をひろげます
3. 新しい医療の知識や技術を常にとりいれつづける

3つのことを大切にしながら、紬愛会は、【安心】【信頼】【人と人とが尊重しあい共に生きる】【尊厳(自己の存在と意味)】を創り続けることをミッションにしています。

① 創りつづける
② 広げていく
③ つながっていく

共に仲間として一緒に、みんなで、家庭で、地域で、コミュニティで、社会で、【健康社会】を創り続けたいと思います。そのための、【医療の場】である同時に、【発信地】【スペース】【練習・実践する場】【つながりあう場】でありたい。

それが、「医療法人紬愛会」であり、「新板橋クリニック」です。

(紬とは、つなぐ、つむぐという意味です。なにをつむぐのか?安心・信頼・人と人との関係・尊厳を紬いで、つながり、健康生活・健康社会を創っていく思いをこめています)


観点の体操は「外をとりいれる」 その11
はむたんの徒然なるままに


1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・=?


「観点の体操は、外をとりいれる」の巻 その11



1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・= 無限大(∞)



1+2+3+4+5+6+7+・・・・・・・・・・= − 1/12


これは、どちらが正しい、どちらが間違っているという話しではありません。

数式を扱う世界(概念)が、変化すると、無限大(∞)であったものが、− 1/12 になるのです。

概念は、大前提(公理:それ自体は証明をしなくていいこと)から創られます。大前提を「観点」と呼びますね。

つまり、観点から創られる概念正解が変化すると、無限大(∞)であったものが、− 1/12 になるのです。


数式の計算では、実数は、複素数の一部です。

複素数の一部である実数の世界という観点世界で計算すると無限大(∞)となるものが、全体である複素数の世界という観点世界で計算すると− 1/12 になるのです。


部分である実数世界に外をとりいれて、全体である複素数世界で計算すると、「実体(真実)だと思って見ていたものが「錯覚」で、真の実体が観えてくるいい例ですね。


まとめを記載しますね。


☆「認識するもの(みえるもの)は、たいていの場合、部分でしかない」


☆「認識するもの(みえるもの)が、すぐに実体とは限らない」


☆「概念に外を取り入れる」


☆ 「観点」に外をとりいれる」



☆「観点を外がないところまで移動する」



☆そのとき、はじめて、実体(真実)が観えてきます



観点の体操におつきあいいただき、ありがとうございました。



日常のいろいろな場面で、観点の体操は可能です。



観点の体操をして、柔軟な頭を創っていきましょう



参考図書は以下


ノ・ジェス著 0=∞=1





おわり