プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
にきびの治療
にきびは、毛穴の閉塞から始まります。毛髪の生える毛穴には皮脂腺があり、汚れなどで毛穴が閉塞すると、皮脂腺内に脂肪や脂肪が分解した遊離脂肪酸が貯留してきます。アクネ菌が感染すると、感染にともない炎症細胞(主として好中球)が集まってきます。また、遊離脂肪酸自体も炎症細胞が集まってくるように作用します。炎症細胞からは活性酸素が放出され、より強い炎症を起こします。
つまり、にきびを治療するためには、アクネ菌を殺す治療(抗菌治療)と炎症を抑える治療(抗炎症治療)の2種類が必要であることがわかります。
炎症と膿がひどいときは、細菌培養検査を行い、菌の同定を行ってから、抗生剤の全身投与やビタミン剤の投与も併用します。

にきび01


外用薬
アクアチムクリーム
テラマイシン軟膏
フシジンレオとゲンタシン軟膏

耐性菌を作らないように、1ヶ月ごとにローテーションします。

内服薬
セフゾン、バナンあるいはフロモックスなどのセフェム系抗生物質
ルリッド(マクロライド系抗生物質)
アベロックス(ニューキノロン系抗生物質)

耐性菌を作らないように7日おきにスイッチします。

ビタミン剤

和漢療法
にきびはお血と考え、血の異常を治療します。にきびの状態は、かゆみ、発赤、紅丘、膿、硬結、色素沈着などを診て判断します。

にきび02


にきび03


テーマ:病気 - ジャンル:心と身体