プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
化学療法の治療効果の判定
Version 2008.2

ポイント

生存期間の延長が「真の治療効果」になります。
生活の質の改善やがんの症状の改善が「第2の治療効果」になります。
腫瘍縮小は「みかけの治療効果」であり、真の効果ではありません。
腫瘍が増大したらその治療は効果がないのでしょうか?そんなことはありません。


治療効果の判定で、患者さまの受ける治療は大きく変わります。治療効果があると判断されれば、同じ治療が継続されます。治療効果がないと判断されれば、治療が変更されたり、治療そのものが終了され緩和治療が進められたりします。

つまり、間違った治療効果の判定は、患者さまの生活を大きく左右することになります。

以前は、腫瘍縮小が認められた場合、その治療は効果があると判断される例が非常に多く、腫瘍縮小が患者さまにとっての「真の治療効果である」かのように判断される時代がありました。

しかし、その後、A治療はB治療と比較して高い腫瘍縮小率が認められた場合でも、生存期間には差が認められない例が多く存在することがわかってきました。現在は、生存期間の延長が患者さまにとっての「真の治療効果」であり、どんなに高い腫瘍縮小効果がある治療であっても、生存期間の延長が認められない治療は認められなくなりました。

更に、生存期間の延長が認められない場合でも、生活の質の改善やがんの症状(たとえばがん性疼痛)の改善効果がある場合は、その治療は「第2の治療効果」があると判断され、治療として推奨される時代になってきました。

化学療法を受けている際は、画像検査が行なわれ、腫瘍の大きさが増大した場合は、「みかけの治療効果」がないと判断され、そのような治療は続けても「真の治療効果」は得ることができないとされます。つまり、別の治療への変更が行われます。これは、当然のように行われていますが本当に正しいのでしょうか?

最近になって、腫瘍の大きさが増大しても「真の治療効果」が得られることが報告されました。JCO 26: 183では、A治療あるいはB治療を行い、腫瘍縮小が認められなかった場合でも、同じ治療を続けたとき、A治療はB治療と比較して生存期間を延長することが報告されました。

つまり、化学療法中に画像検査で腫瘍が増大したからといって、その治療は効いていないと判断することが、必ずしも正しいとは限らないことを示唆します。



テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット