プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
超人類とホモ・サピエンスについて

はむたんの徒然なるままに


超人類とホモ・サピエンスについて


「広汎性発達障害・自閉症スペクトラム」における遺伝子突然変異と前頭葉形成に隠された叡智の芸術的解明。芸術教育で、以前からお世話になっている「川手鷹彦」先生が代表を務める、財団法人「花の家」での特別催事に出席してきました。遺伝子突然変異と人類の進化、そして特殊能力について、思うことを書いてみようと思います。特殊能力といっても、霊能力とかではなく、科学的な能力の話を少し・・・


ホモ・サピエンスの生物史と歴史をたどってくると、そこに顕れてくるのは、遺伝子突然変異と脳機能の変化です。ホモ・サピエンスが、今から7万年ぐらい前にあったとされる「ボトルネック」を生き残り、そして、ホモ・サピエンス以外にも存在していた他のホモ属の人類が消滅して、ホモ・サピエンスだけが生き残り、今日の繁栄を気づいた理由。それが、認識(認知)革命と脳機能の変化です。

これから起こるであろう、あるいはすでに始まっている人類の新しい進化も、第2の認識革命で引き起こされます。それは、脳機能の変化、遺伝子突然変異がかかわってきます。そして、特殊能力があわられてくるでしょう。それでは、どんな特殊能力があらわれてくるのでしょうか?実は、それも、すでにわかっています。


ひとつめは、外界から脳に情報をインプットするための「5感覚」の拡大です。現在のホモ・サピエンスの5感覚には、リミッターがかかっています。視覚は、可視光線の範囲内です。聴覚は、20Hzぐらいから20000Hz程度の範囲です。もちろん、他の動物は、より広い範囲を知覚することが可能だったりします。例えば、自閉症スペクトラム障害の子供さんでも、5感覚の拡大が観察されます。このように、人類の新しい進化、第2の認識革命では、5感覚が拡大していきます。今まで知覚・認識できなかった事象が知覚・認識できるようになります。

ふたつめは、脳での情報処理の高度化です。5感覚情報は、1次感覚野と呼ばれる大脳皮質領域に入力され、その後、連合野とよばれる領域で処理され記憶されます。第2の認識革命では、連合野での情報・記憶処理が飛躍的に向上します。ある有名なアナウンサーの方で、過去の何月何日の試合の映像が、明瞭・精確に記憶され、実況中継を再現される方がいます。ぼくの友人にも、過去の出来事が音声つきの映像で明瞭に記憶されていて、DVDを再生するように、脳の中で再生してとりだせる人がいます。現在はある特定の人で観察される情報・記憶処理の高度化が、誰でも普通になります。

みっつめは、表情・言動・行動・アイデアなど、脳からのアウトプット・書き出し能力の向上です。現在のホモ・サピエンスは、原因と結果、因果論の展開が得意です。言い換えると「有から有」を生み出すことは得意です。けれども、文化・文明・科学の発展は、原因と結果、因果論を超越して生み出されてきました。ニュートン、アインシュタイン、レオナルド・ダ・ヴィンチなど、今までの常識をこえたアイデアをうみだした天才たちがいます。彼ら・彼女たちは、「無」から「有」を生み出しました。科学・芸術・など、あらゆる分野で、因果論を超越して、新しいものがうみだされてきました。第2の認識革命では、「無」から「有」を生み出す能力が、人類に普遍的な特殊能力としてあらわれてくるでしょう。

よっつめは、「関係性」を認識する能力の向上です。過去から現在までのホモ・サピエンスは、関係性を「縦の関係」で認識しています。縦の関係とは、自分と自分以外を分けて上下関係で認識する能力です。善悪、優劣、支配者と被支配者、健常者と障害者、味方(仲間)と敵などです。縦の関係では、「見返り」「報酬」が求められます。例をあげると、あなたのためにこんなにがんばったのに、感謝もないのは、許せないと憤ることもあるでしょう。これは、「がんばったことへの、見返りを求めているからです」。第2の認識革命で、人類の認識能力が進化すると、関係性を「横の関係」で認識できるようになります。「横の関係」とは、「みんな違うけど対等」ということです。みんな仲間・味方です。「みんな違うけど一緒」「みんな違うけとひとつ」ともいいます。そこには、人として上下関係もないし、人間とその他の動植物との上下関係もありません。みんな違うけど対等であり、ひとつです。見返りを求めない関係、それが、「愛」です。2000年以上前に、老子・孔子・釈迦・ソクラテス・プラトン・アリストテレス・イエスなどがあらわれ、共通して話したことが、「愛」です。縦の関係が創りだす、自己中心的な、愛ではなく、横の関係が創りだす愛です。


時代・時代に、遺伝子の突然変異から、脳の機能変化、第2の認識革命をおこした、新しい人類が出現しています。縦の関係で他人を認識する、今のホモ・サピエンスからみて、能力が自分たちより勝っているとみえると「天才」とよばれ、一見能力が劣っているようにみえると、「障害」と呼ばれます。けれども、彼らや彼女らには、共通して特殊能力があります。これから、急速に第2の認識革命をおこした、新しい人類(それは、超人類かもしれません)が、増えてくるなかで、今までのホモ・サピエンスとこれからのホモ・サピエンス(あるいは超人類)が、どのように生物史と歴史を刻んでいくのでしょうか?そして、どちらにも有用な教育や社会のシステム・あり方が必要になってくるな〜と感じています。

長くなりました。最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

2016年10月22日 はむたん 記



http://hananoie.main.jp/activities/project/index.html
関連記事