プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
【認識疾患と糖尿病】 テキスト 第28回
【認識疾患と糖尿病】 テキスト 第28回

【心と体をひとつに動かすしくみ】

その4 【しくみの構造・機能】

人間は、【心】と【体】から構成されています。そして、【心】と【体】は分離できない【ひとつ】です。

そこで、みなさんと一緒に【イメージ】をしてみようと思います。

人間を【心】と【体】がひとつになった【コップ】だとイメージしてみましょう。

【コップ】ですから、生活しているといろいろなモノがたまってきます。それでは、どんなものがたまってくるのでしょう?

2種類あります。【みえるもの(検査で観察できる・測定できる)】と【みえないもの(検査で観察できない・測定できない)】の2種類が【コップ】の中にはたまります。

ここまで、よろしいでしょうか?

ここまでのポイント
☆【心と体を分離できないひとつで動かすしくみ】をイメージしてみます
☆【人間は心と体のあわさったコップ】とイメージします。
☆【コップ】には、【みえるもの】と【みえないもの】がたまります。

【機能性胃腸症】 テキスト その12
【機能性胃腸症】 テキスト

第1章【心と体をひとつに動かすしくみ】

その12 【しくみの構造・機能】

すると、【機能性胃腸症】だけでなく、目にみえる病気一般、目にみえない体や心の不調、対人関係、生活習慣、など、【共通のしくみ】で動いていることがわかります。

そして、【共通の法則】にしたがっていることがわかりますね。

さて、【機能性胃腸症】にもどりましょう。【コップ】から【緊張】【感情】【情報(脳の疲労)があふれると、【体や心の不調】があらわれてきます。それならばどうしたらいいのでしょうか?

一緒に考えてみましょう。

うん、そうですね。
【あふれると発症する】ならば、【あふれないようにする】と発症しなくなりますね。それでは、どうやったら【あふれないようにする】ことができるのでしょうか?


3つに整理できます。

1 【緊張】【感情】【情報(脳の疲労)】をコップにためないようにする
2 【コップ】にたまった、【緊張】【感情】【情報(脳の疲労)】を減らす
3 【コップ】に重しふたをして、上からおさえてしまって、あふれないようにする


【機能性胃腸症】 テキスト その11
【機能性胃腸症】 テキスト

第1章【心と体をひとつに動かすしくみ】

その11 【しくみの構造・機能】

【脳の認識活動がうみだす心と体のしくみ】がうまく動かなくなるとどうなるのでしょうか?

【脳の認識活動】には、どんな機能があるのか一緒に考えてみましょう。

う〜ん。むずかしいですね。それでは・・

以下に記載するような機能があります。↓

☆【脳の認識活動】は、対象を認識すると、○(マル)あるいは×(バツ)にわけて判断します。
☆【脳の認識活動】は、判断したあとに、判断にもとづき、【感情】を創ります。たとえば、×(バツ)と判断したものには、怒り、不安、悲しいなど、○(マル)と判断したものには、うれしい、楽しいなどです。
☆【脳の認識活動】は、感情にもとづき、【考え・思考】を創ります。
☆【脳の認識活動】は、【考え・思考】にもとづき、【表情】【言動】行動】を創ります。
☆【脳の認識活動】は、【表情】【言動】【行動】から【対人関係】
【家庭・家族】【職場環境】【友人関係】【地域・コミュニティ】、つまり自分をとりまく【対人関係の世界】を構築します。
☆【脳の認識活動】は、【表情】【言動】【行動】から、【生活習慣】をつくります。【生活習慣】からは、【血液環境(体内環境)】が創られます。【血液環境(体内環境)】は、常にできたり、こわれたりを繰り返しながら【恒常性(一定の状態)】を保ちます。それを、【動的平衡】と呼びます。
☆【脳の認識活動】は、【感情】【考え・思考】をつくり、さらに【自律神経】に影響をおよぼします。
☆【脳の認識活動】は、上記の多くの機能を司り、細胞に影響を及ぼします。脳の認識活動の影響で、【変化圧力】がかかると、【遺伝子の変化】がおこり、【細胞の変化】が促されます。

ここまでのポイント

1枚の図にまとめてみますね。

【認識疾患と糖尿病】 テキスト 第27回
【認識疾患と糖尿病】 テキスト 第27回


【心と体をひとつに動かすしくみ】

その3

【心と体が分離できないひとつ】であり、ひとつになって動くことで【生命活動】が営まれる。これが、新しい前提であり、医療概念になります。

そうすると、生命活動が営まれるためには、【しくみ】が必要になります。つまり、【心と体がひとつで動くしくみ】があるはずです。

しくみには、【構造と機能】【目的】そして【法則】があります。

ここまでのポイント
☆【心と体がひとつで動くしくみ】があり、しくみには、【構造と機能】【目的】【法則】がある

【機能性胃腸症】 テキスト その10
【機能性胃腸症】 テキスト

第1章【心と体をひとつに動かすしくみ】

その10 【しくみの構造・機能】

【心】と【体】が分離できない【ひとつ】で動く【しくみ】は、【心や体】の病気や不調だけに関わるのではありません。

なぜでしょうか?

それには、まず、【心】とは何か?を定義したいと思います。【心】とは、【脳の認識活動がうみだす形而上学的(かたちのない)実存】と定義できます。

【機能性胃腸症】は、【脳の認識活動がうみだす心と体のしくみ】がうまく動かなくなったために発症してくることがわかります。

ここまでのポイント
☆ 【心】とは、【脳の認識活動が創り出す形而上学的(かたちのない)実存】と定義されます。
☆【機能性胃腸症】は、【脳の認識活動がうみだす心と体のしくみ】がうまく動かなくなったために発症します。