プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
コレステロールの数値が上昇する更年期以降女性:コレステロールが不足している?

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 



〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 


更年期以降の女性は、コレステロールをどうしたらいいのでしょうか?制限したらいいのでしょうか?数値をさげたらいいのでしょうか?

今日の話は、女性の方にとっては大切ですよ。


第1回から連続してお届けしています。



第20回:なにがおこっているの? その2



Q: 更年期以降の女性では、血液中のコレステロールの量・値が上昇してきます。とくにLDLコレステロールの量・値が上昇してきます。なにがおこっているのですか?


A: 末梢臓器・細胞内のコレステロール量が減少しています。



更年期以降になると、卵巣から分泌される女性ホルモンの量・数値が減少してきます。女性ホルモンの量・数値が減少すると、コレステロールプールに影響があるのでしょうか?

実はあります。女性ホルモンは、細胞表面のコレステロール受容体(LDL受容体)の数を増やして維持する作用があります。LDL受容体は、LDLコレステロール(輸送体の名前ですね)から、新しいコレステロールを受け取り、細胞内にとりいれる入り口となります。LDL受容体も、創ったり、こわしたりしながら(生体自身が)、動的平衡を保ち、細胞表面に存在します。女性ホルモンは、LDL受容体の動的平衡を活性化して、創ったり、こわしたりの回転が早まります。また、細胞表面に存在するLDL受容体の数が増加します。そのため、女性ホルモンの量・値が減少すると、細胞表面のLDL受容体の数は減少します。


すると・・・?

LDL受容体の数が減少するので、末梢の臓器・細胞内にとりこまれる「新しいコレステロール」の量が減少します。細胞内の古いコレステロールは、細胞内から回収されていきますので、細胞内にプールされているコレステロールはどんどん減少します。

細胞内のコレステロールプールを一定にたもつように制御されているので、細胞内のコレステロールプールの減少を感知すると、肝細胞内では、新しいコレステロールを創る(同化)量を増やします。

肝細胞内で増産される「新しいコレステロール」は、輸送体にのって(LDLコレステロールと呼びますね)、末梢臓器・細胞に運ばれます。けれども・・・・。

けれども、LDL受容体の数が減っているので、細胞内に思うように取り込まれません。また、血液中を循環するLDLコレステロールを肝細胞内にとりこんで、品質をチェックするためにも、LDL受容体が必要です。けれでも、肝細胞表面のLDL受容体の数も減少しています。

結果として、女性ホルモンの減少と比例して、末梢臓器・細胞内の「新しいコレステロール」の量は減少します。そして、肝細胞は「新しいコレステロール」を創る量を増やして、血液中のLDLコレステロールも増加します。

つまり、更年期以降の女性が、年齢とともにコレステロール(LDLコレステロール)の量・値が上昇していくのは、末梢臓器・細胞内のコレステロールプールの量が減少(足りない)している状態を意味しています。血液中は多くても、コレステロールを必要としている細胞内では不足しているのです。


細胞内の新しいコレステロールが不足すると、どうなるのか?


それは、復習してみてくださいね。(第1回から読みかえしてください)


つづく

「糖尿病は認識疾患である」ならばどうしたらいいですか?
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第21回:しくみを制御する



Q: 「糖尿病は認識疾患である」ならば、どうしたらいいのですか?


A: 「しくみ」にしたがって、「自立」をサポートするとよくなります


これまで、「概念」を拡張しながら観てきました・

「糖尿病は身体(Body)の病気である」

「糖尿病は行動の制御ができない病気である」

「糖尿病は精神活動(感情や緊張)の病気である」

そして

「糖尿病は認識活動(観点・アイデンティティ)の病気である」


既存の前提(公理)から創られた体系(システム)で、うまくいっていないときは、概念を拡張して、体系(システム)を見直すことが科学的態度です。

下記に、まとめた図表を掲載しますね。

それでは、「しくみ」を知るところまできました。

次ぎにどうしたらいいのでしょうか?


つづく

更年期以降の女性にはなにがおこっているの?

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 



〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 


更年期以降の女性では、血液中のコレステロール量・値が上昇してきます。とくにLDLコレステロールの量・値が上昇してきます。どうしてなのでしょうか?LDLコレステロールは悪玉コレステロールとよばれています。悪玉コレステロールが高いと動脈硬化になるので、数値をさげないといけないといわれます。数値をさげる治療をうけた方がいいのでしょうか?


第1回から連続してお届けしています。



第19回:なにがおこっているの? 



Q: 更年期以降の女性では、血液中のコレステロールの量・値が上昇してきます。とくにLDLコレステロールの量・値が上昇してきます。なにがおこっているのですか?


A: 末梢臓器・細胞内のコレステロール量が減少しています。



しくみ・法則を順番にみていきましょう。


しくみ1:

細胞内のコレステロール量を「一定にたもつ」ように制御されています。


しくみ2:

肝細胞内で創られた「新しいコレステロール」は、輸送体にのって(LDLコレステロールと呼びますね)、末梢臓器・細胞まで運ばれます。

しくみ3:

「コレステロール受容体(LDL受容体)」という入り口を通って、新しいコレステロールは、細胞内にはいります。


それでは、更年期女性では、なにがおこっているのでしょうか?


つづく

医療講座シリーズ「健康のしくみと認識疾患」
第3回【脳科学から観る健康のしくみと認識疾患】



★ 心と身体を「ひとつ」に動かす「健康のしくみ」があります:

「心(こころ)と身体(からだ)は分離できないオンリーワン」です。分離できない「ひとつ」だとすると、心と身体がひとつとなって動く「健康のしくみ」があります。「健康のしくみ」が動く・働くことによって、心や身体は動かされる(変化する)ことになります。「しくみ」が、制御されて動いているときは、心と身体も制御されて秩序だって動きます。「しくみ」が制御されないで、暴走すると、心や身体も制御されず、無秩序となり、いろいろな不調・病・病気が顕れてきます。




★【講演内容】
・ 心と体がひとつになって動く「しくみ」を知る(Know)
・ 「しくみ」から、健康・病・病気を定義する(Know)
・ 「しくみ」の法則性を知る(Know)
・ しくみの「下部構造」を知る(Know)
・ しくみの「上部構造」知る(Know)
・ しくみの「下部構造」を制御する(Do)
・ しくみの「下部構造」の制御のこつ・苦労するところ
・ 「上部構造」の無意識エンジンを意識化する
・ 脳科学から観る無意識エンジンの構造・機能


★【日時】

7月23日(日曜日)
開場 9 : 00
開始 9 : 30
終了 12 : 00

第1部:「健康のしくみ」と「しくみの下部構造」の制御法の復習
9 : 30〜 9 : 50
講師:清水 公一


第2部:下部構造と上部構造の制御法のこつ・苦労するところ(Q&A)
9 : 50~10 : 20
講師:富田 紗智子

休憩:10 : 20〜10 : 30

第3部:「しくみの上部構造(無意識エンジン:認識マップ)」を意識化しよう
10 : 30〜11 : 20

講師:長岡 美妃

休憩:11: 20 〜 11: 30

第4部:「脳科学から観る上部構造(無意識エンジン)の構造・機能」

11:30~11:50

講師:清水 公一


質疑応答:11: 50~12:00


★【 会場 】
新板橋クリニック

〒173-0004 東京都板橋区板橋4−4−4 セレブ新板橋ビル1階
03-5248-5715

★【 定員 】
30名

★【 参加費 】
¥ 2,000




★【お申込先】

名前
住所
連絡先携帯電話
連絡先メールアドレス

を記入の上、

koichishimizu2012@gmail.com


まで、お申し込みください。


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★「健康のしくみ」には、下部構造と上部構造があります。


★「下部構造」は、コップのしくみと呼ばれています。心と身体は分離できないので、コップにたとえます。コップには、「見えるもの」と「みえないもの」がたまります。みえるものがコップからあふれると病気になります。みえないものがあふれると体や心が不調となります。

★「みえないもの」は、「情報(脳の疲労)」「感情」「緊張」の3つです。

★「コップのしくみ」には、法則があります。

第1法則:ONとOFFの法則

あふれると病気・症状がでる(ON)。あふれなくなると病気・症状が改善・消失する(OFF)。


第2法則:学習効果(記憶)の法則

ONとOFFを繰り返すと、病気・症状がでやすくなり、病気・症状が消えにくくなる

病気の部位・不調の部位が増えてくる


第3法則:制御不能(形状記憶化)

病気・症状がでたままとなり、よくならなくなる。心や身体の症状・病気の状態が制御不能となる



下部構造をまず、しっかりと制御することが大切です。



・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【講師プロファイル】



★長岡 美妃 (ながおか みき)

秋本病院緩和ケアセンター
センター長

紹介映像
https://youtu.be/_QxmZkRzQSw

東京女子医科大学卒業。同大学消化器病センター外科にてがん治療に従事。国立国際医療センター、国立がんセンター緩和医療科に従事。

現代医療に携わりながら、病の根本原因、真の医療の在り方、さらには真の社会の在り方を追求している。二児の母である。
現在は、福岡の秋本病院にて緩和ケアセンター長として勤務。
著者『「真」の医療者を目指して』(よろず医療会ラダック基金)

★ 富田 紗智子(とみた さちこ)

トラウマ解決カウンセラー
リセット治療卒業生


ブログはこちら→http://profile.ameba.jp/chuchu22214/


自己紹介
モラハラトラウマ解決カウンセラーの富田紗智子です。

「東京都でモラハラパワハラのトラウマで
苦しんでおられる方に向けて、
カウンセリングを行っております。」



私は15年以上父のモラハラのトラウマに悩まされ、
苦しみながら生きてきました。



父の怒りは、いつどこで地雷が埋まっているかわからず、
ビクビクしながら家族で肩を寄せ合って生きてきました。


友達の家でおやつを食べてきた、
門限に1秒遅れた、
ご飯を食べている時にチラッとテレビを見た、
このような些細なことで色んな罰を受けてきました。


いつも父に怯えている母、
父に逆らえずそのストレスをぶつけてくる兄、
そして6歳下の守らなければいけない弟。
私が母と弟を守るしかないと思い、
必死に生きてきました。




また、小学校5年から中学校2年まで
辛いいじめを体験しました。

いつしか死ぬことを考えていましたが
そんな勇気もなく生きてきたのです。



そんな私でしたので、
主人と結婚した後も自分を信用することができず、
いつも不安にかられていました。



職場ではパワハラの社長の元必死に仕事をし、
家事育児にと追われていきました。


その緊張がピークに達し、
機能性胃腸症というストレスからくる
胃の機能障害の病気を発症します。


苦しみ苦しんで必死に探した病院で、
心のリセット療法に出会いました。

この治療法で胃の病気だけではなく、
自分の心にも変化が訪れました。



自分の感情に気づき、
その感情をリセットすること。
その感情はなぜ起きたのか、
その感情を認め許すこと。


私自身が変化することで、
親との関係、
主人との関係、
子供との関係、
周囲との関係がみるみる変化していきました。



今では、自分が小さい頃憧れていた家庭になり、
家族みんなが笑顔でワイワイやっている時は、
涙が出るほど幸せです。




このように心が変化することで現実が大きく変わり、
その素晴らしさと喜びを知った私だからこそ、
今、かつての私のように苦しんでおられる方の
心に寄り添い、変化するためのお手伝いが
できるのではないか!と思い、
カウンセラーになる決意をしたのです。


そして、現在心のリセット療法と、
ヒプノセラピーの学びから得た潜在意識からの
アプローチ法をとりいれたカウンセリングをしております。

モラハラパワハラのトラウマで苦しんでおられる方の
心が救われ、愛され幸せになっていくための
お手伝いをさせていただいております。



★清水 公一(しみず こういち)

医療法人社団紬愛会 新板橋クリニック
理事長・院長

紹介サイト
https://doctorsfile.jp/h/32111/mt/1/
http://www.si-clinic.jp/index.html
http://www.si-clinic.jp/holotropic/holotropic04.html



新板橋クリニック院長。日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医。 日本外科学会認定医、がん治療認定医、日本緩和医療学会暫定指導医。心と体がひとつになって動く「健康のしくみ」から、健康・病・病気の新しい概念を提唱している。しくみを制御する方法を使って、さまざまな疾患に対して、患者さん自らが症状を改善して制御していく「自立」を目標としたリセット医療を行っている。
悪玉コレステロールとは?
 
「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 



〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 


悪玉コレステロールとか善玉コレステロールとよんでいるものは、「しくみ」からみると何でしょうか?


第1回から連続してお届けしています。



第18回:悪玉コレステロールとは?


Q:悪玉コレステロールが高いと良くないと耳にしますが、どうなのですか?


A: 悪玉コレステロールというものは存在しません。


コレステロールの制御のしくみ・法則からみてみましょう。

「輸送体」という用語を思い出してみてください。コレステロールは血液に溶けないので、輸送体というトラックにのって、運ばれます。肝臓(肝細胞内)で創られた「新しい」コレステロールは、輸送体にのって末梢臓器・細胞に運ばれます。この輸送体を「LDLコレステロール」と呼びます。一方、末梢臓器・細胞内の「古い」コレステロールは、肝臓(肝細胞)に運ばれます。そのときの輸送体を「HDLコレステロール」と呼びます。このように、もともとLDLコレステロール(新しいコレステロールを輸送する)やHDLコレステロール(古いコレステロールを輸送する)は、輸送体の名前に過ぎません。


俗に言われている悪玉コレステロールは、LDLコレステロールのことです。善玉コレステロールは、HDLコレステロールのことです。



なぜ、悪玉・善玉という色分けがついてしまったのでしょうか?


つづく