プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
コレステロールの生体内での働き その2

 
「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 


〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 



第5回:コレステロールの生体内での働き(For) その2



「コレステロールは、生体になくてはならない栄養分子です」



働きその1:

コレステロールは、(動物)細胞膜を構成・維持する材料です。また、細胞膜が酸化されにくいように、コレステロール自体(良質な脂肪酸でつくられたコレステロール)に抗酸化作用がある


つまり、コレステロールという材料が、末梢組織・細胞内で不足すると、細胞膜が壊れやすくなったり、活性酸素(フリーラジカル)の影響を受けやすくなります。

前回は、ここまで、一緒に勉強しました。



・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

働きその2:


消化液のひとつに「胆汁」があります。胆汁の主成分である「胆汁酸」は、肝臓の肝細胞内で、コレステロールが酸化されてつくられます。食事で摂取した「脂肪」は、十二指腸で胆汁と攪拌されます。脂肪は、胆汁中に含まれる胆汁酸によって、乳化(ミセル化)されるので、脂肪分解・消化酵素による分解・消化・吸収を助けます。

つまり、コレステロールが不足すると、胆汁酸の産生が不足して、良質な胆汁が造られなくなります。そして、脂肪分の消化・吸収が悪くなるので、ますます、コレステロールが不足するという悪循環になります(腸・肝循環と呼びます)。




つづく








コレステロールの生体内での働き その1

 
「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 

〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 


第4回:コレステロールの生体内での働き(For) その1



「コレステロールは、生体になくてはならない栄養分子です」


そこで、コレステロールは、生体内でどんな働きをしているのかを詳しく観ていこうと思います。



1.    ひとの細胞をはじめ、動物細胞の細胞膜(細胞の中と外をわける境界)は、大部分は「脂質」で、できています。コレステロールは、脂質であり、細胞膜を構成して維持する重要な材料となっています。また、コレステロール自体に、細胞膜が酸化しないようにする抗酸化作用があります。


上記の働きをしていることから、細胞内に取り込まれるコレステロール量が減少すると、細胞内で保持しているコレステロール量が減少します。そして、細胞膜に含まれるコレステロール量も減少します。すると、細胞膜が脆弱となり、膜が破綻して細胞が壊れやすくなります。また、細胞膜の抗酸化作用が低下するので、活性酸素(フリーラジカル)の攻撃をうけて、膜が壊れやすくなります。


つづく
しっていそうで しらないはなし 「睡眠・脳波・意識」
しってそうでしらない話


「睡眠・脳波・意識」



第1回:「睡眠」って何?


私たちが、日常で必ずおこなっている行動。そのひとつに「睡眠」があります。身近な「睡眠」ですが・・・

よくよく考えると、わかっているようでいて、わかっていないのが「睡眠です。

それでは、一緒に考えてみましょう。


ふたつ質問をします。

Q1: 「睡眠」の定義はなんですか?(WHAT)

Q2: 「睡眠」の目的はなんですか?(For)



教えて〜。Google先生。検索するといろいろでてきます。

質問の回答を、是非、記載されてみてください。

つづく

コレステロールは「生体になくてはならない分子」

「コレステロールと動脈硬化の微妙な関係」 

〜動脈硬化をふせいでお達者になろう〜 


第3回:コレステロールは「生体になくてはならない分子」



コレステロール=悪もの
コレステロール=血液がどろどろになる
コレステロール=動脈硬化
コレステロール=心筋梗塞


そんなイメージが、大多数の人たちもっているイメージのようでしす(笑)。

そこで、ぼくは、勉強会に参加してくださった皆さんに、質問をしてみました。


Q: 「コレステロール」って、なんですか?体の中で、なにか役にたっているのでしょうか?もしそうなら、どんな働きをしているのでしょうか?


A: 「コレステロールは、生体になくてはならない栄養分子です」


そうなのです。コレステロールは、生体にとってなくてはならない栄養分子、材料なのです。

次回では、もっと詳しく、身体内でのコレステロールの役割を観ていこうと思います。


つづく





勉強会を紙上再現するシリーズ 「認識疾患と糖尿病」 第6回
勉強会を紙上再現するシリーズ


「認識疾患と糖尿病」 第6回


製薬会社の営業職のみなさんに、質問しました。



Q: 「糖質の動き」という観点でみると、血液中に過剰にある糖質を、体の外にださない薬剤と体の外にだす薬剤では、どちらが、体にとっては、負担が少ないでしょうか?より理にかなった薬剤でしょうか?


営業職の皆さんは、今まで、このような観点で、薬物治療について考えてみたことがなかったようです。


皆さんの回答は、こうでした。


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


A: 「糖を体の外にだす」薬剤・・・ですよね・・?


皆さん、とまどっています。


「うーん、そうだな〜〜。そういわれると、糖を体の外にだす薬剤になるのかな?」



「だけど、糖尿病ガイドラインでは・・・」


そうですね。糖尿病ガイドラインでは、このような、観点での分類や治療勧奨はしてないですね。


でも、きちんと、「論理的」に観ていけば、いろいろなことに気づいてきます。


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次ぎに進むために、ぼくは、営業職の方たちに、質問をしました。

「検証をしましょう」

医学・医療は、科学(サイエンス)であるならば、検証が必要です。

今まで、みてきたように、「糖尿病は身体(Body)の病気である」という大前提(公理とよびます)で、仮説・理論・説明・診断・治療行為という、「体系(システム)」が創られています。

医学・医療が、科学であるためには、検証が必要です。大前提にもとづいた体系(システム)を検証する必要があります。


ぼくは、質問をしました。

Q: 現在、医学・医療で採用している「体系(システム)」でうまくいっていますか?

糖尿病は身体(Body)の病気である」という大前提(公理とよびます)から創られた「体系(システム)」の中で、説明・診断・治療行為を行っています。それは、うまくいっていますか?


★ 「はい」

もし、「はい」ならが、うまくいっているところを、記載してください。


★ 「いいえ」

もし、「いいえ」ならば、うまくいっていないところを、記載してください。


このような質問をなげかけました。営業職の方たちは、どのように回答されるでしょうか?

すごく大切なことですから、およみになった方も、考えてみてみましょう。検証してみましょう。


つづく