プロフィール

Author:新板橋クリニック
平成18年4月1日東京都板橋区、都営地下鉄三田線新板橋駅より徒歩1分に、清水公一を院長として、新板橋クリニックを開設いたしました。
消化器・胃腸科、外科を中心に、一般内科、肛門科を診療いたします。生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の診療を行い、身近なかかりつけ医(ホームドクター)として、また予防医学にも力を入れ、温かくわかり易い診療で近隣の皆さん方のお役に立てるように努力して参りたいと思っております。
がん治療(早期発見・診断、手術、化学療法、緩和医療)に長く従事していたことから、がん集学的治療を行う腫瘍センター(オンコロジーセンター)を併設いたしました。
また人間ドック、消化器がん専門ドックなどにも力をいれております。
検査設備としては、上部内視鏡検査(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)及び下部内視鏡検査(大腸)(いわゆる胃カメラ・大腸カメラ)、レントゲン透視、超音波検査(エコー検査)、心電図等充実させております。
院長や医師の豊富な経験をもとに、近年ご要望の多いセカンドオピニオン等のがん医療相談も予約制で行っておりますのでご相談ください。

医療理念

医者と患者という人間同士が、健康・病気を相談しながら共同で診ていくことを目指します。人を思いやり、安心と満足をもたらし、心身共に幸せにできる医療を目指して行きたいと思っています。

新板橋クリニック

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

携帯サイト

携帯からもアクセス出来ます。

カウンター

新板橋クリニックのお知らせ
新板橋クリニックからのお知らせブログ、診療案内や、病気のお話など
コレステロールの真の姿を知ったら驚きました
健康のしくみを学ぼう

「血液のひみつにせまる」

2月18日 血液ができるまで 第2回 「動脈硬化をふせいでお達者になろう」

御参加してくださいました皆さま ありがとうございました。

「コレステロールは悪者」というイメージを持った方は手をあげて〜。

勉強会のスタート時には、8割強の方が手をあげました。

その後、一緒にQ&A形式で勉強会を進めていくなかで、どんどんとコレステロールに対するイメージが変わっていったようです。

勉強会が終了するときには、コレステロールのイメージが、皆さん、どんなふうにかわったでしょう・・・?

動脈硬化を防ぐにはどうしたいいのか?

コレステロールとの微妙な関係とは?

そもそも、コレステロールは、からだにとって、どんな役にたっているのか?

楽しい勉強会の時間を過ごしました。

次回は、3月25日、土曜日です。

お待ちしています。

敬具

新板橋クリニック 院長
はむたんくらぶ 代表
清水 公一(はむたん)
リセットから始まる健康塾:「血液のひみつにせまる」
健康のしくみを学ぼう

「血液のひみつにせまる」

1月14日 血液ができるまで 第1回 「かくれ貧血と心身の不調」 開催終了

1月21日 血液ができるまで 「血液大観察会」 開催終了

2月18日 血液ができるまで 第2回 「動脈硬化をふせいでお達者になろう」

3月24日 血液ができるまで 第3回 「血液をきれいにして、血糖値をさげよう」

4月1日 血液ができるまで 「血液大観察会」

血液のひみつにせまる

そのためには、「血液」とは・・・?

体系・システムを見直したいと思います。

体系・システムから見直す とは

体系・システムを創っている定義・前提から見直す

ということです。

血液とは・・・・・

血液は、もちろん「からだです」。「からだの一部」です。

からだのことを精密にしらべるのは、現代医学は得意です。どのような栄養分子がかかわって、どのようにして血液が創られるのか?どのようにして私たちのからだが創られるのか?からだの恒常性(化学反応)を維持するには、どのような栄養分子が必要なのかは、こまかくわかっってきています。それらを体系(システム)化したのが、生化学・生理学・分子栄養学です。

血液のできるまででは、「血液はからだです」。「血液はからだの一部です」という前提・定義から、血液のことを勉強していきます。病院の医師もしらない(忘れてしまったかな?)最新の分子栄養学・生理学・生化学の内容をわかりやすく勉強していきます。

そして、血液はからだであると同時に、認識活動(精神活動、心とよんでもよいですね)ともつながっています。そして、血液はからだと認識活動を動かしているしくみとつながっています。

血液のできるまででは、「こころとからだは分離できないひとつ」であり、ひとつをうごかしているしくみから、血液を勉強していきます。


どのようなしくみで、こころとからだはひとつとなって動いているのか?こころがどのように血液の状態に影響をあたえるのか?こころの状態で、血液の姿がどうなるのか?血液の姿を実際に観察しながら、理解と実践を深めていく講座です。


一緒に勉強していきましょう。

敬具

新板橋クリニック 院長
はむたんくらぶ 代表
清水 公一(はむたん)



健康のしくみ:「認識疾患」と「過敏性腸症候群」
おはようございます。


先日のことですが、板橋区女性健康支援センターにて、下記のことについて、参加者の方たちと一緒に勉強してきました。

それは・・・

「過敏性腸症候群」です。

日常生活に支障があり、悩まれている方、苦しまれている方が多いにもかかわらず、なかなかその実態がわかっていないのが、過敏性腸症候群です。当日も40名以上の方がおいでになり、一緒に勉強をしました。

過敏症性腸症候群は、簡単に記載すると、さまざまな腹部症状が繰り返し出現したり、継続する「状態」です。検査をしても器質的異常(病気や異常)がみつからないため、便宜上名称をつけて、対応しているのが実情です。

食事のせい、アレルギーのせい、ストレスのせい、自律神経のせい、はたまた、腸管粘膜の防御機構が破綻しているせい(リーキーガット)など、諸説さまざまです。けれども、結局のところ、なにがおこっているのか?そもそも過敏性腸症候群とよんでいる状態はなんなのか?どうすればいいのか?どうすれば、よくなるのか?など、まったく見えない、「暗中模索」のため、対症療法(問題対処)に終始しています。

当日は・・・

過敏性腸症候群とはなんなのか?

定義・前提の見直しからおこなってみました。

今までの、過敏性腸症候群は、

「過敏性腸症候群」は、「からだの病気(自律神経を含む)である」という前提でした。

その前提をもとに、さまざまな検査や対処をおこなっていましたが、うまくいっていないのが現状でした。

ということは、前提から創り出している体系(システム)、仮説、対処が、うまくいっていないわけですから、前提を見直して、新しい体系(システム)、仮説、対処、解決が必要なわけです。けれども、現代医学は、前提をみなおさないで、うまくいっていない体系の中で、さまざまな仮説や対処をするので、永久にうまくいかない迷路におちいっています(難しい話になってしまいましたね・・)。

そこで、今までの前提に外をとりいれてみました。外とは・・・。からだ以外の部分です。

過敏性腸症候群は、「認識疾患」です。

「認識疾患」とは、「認識活動(精神活動:心とよんでもいいですね)」から創りだされる疾患です。「認識活動」は、自分と自分の周囲の世界を認識する活動です。そして、○(いい)や×(悪い)という比較・判断を瞬時にくだす活動です。便宜上、自分と自分の宇宙と呼びますね。つまり、自分と自分の宇宙から創り出される疾患になりますね。

認識活動は、かならず基準点(観点と呼びますね)から創られるので、過敏性腸症候群は、「観点の疾患」になります。

観点から、「自分は〜という人間だ」という規定・思い込み(アイデンティティと医学上は呼びますね)が創られることから、過敏性腸症候群は、「アイデンティティの疾患」になります。

認識活動から、さまざまな感情や緊張(なぜなら○や×をするからですね)がうまれてきます。感情や緊張が、ある一定の量をこえると(人という存在をコップにたとえると、感情と緊張がコップからあふれると)、からだや心の不調が顕現化するように創られています。つまり、過敏性腸症候群は、「コップから感情や緊張があふれている状態」になります。

すると、解決方法は、2つになります。下部構造と上部構造のリセットが解決方法になります。

下部構造とは、「コップのしくみ」です。コップから感情や緊張があふれると症状がでてくるのならば、コップの中の感情や緊張をへらすように(あふれないように)する練習・習慣、そして、練習・習慣を続けながら生活することが解決方法になります。これを、下部構造のリセットとよびます。歯磨きと一緒ですよね。コップのしくみを習慣にして、制御しながら生活することですね。

上部構造は、認識活動をリセットすることです。観点から自分と自分の宇宙が創り出され、アイデンティティが創られ、○と×(比較・判断)をする認識活動が繰り返されます。自分と自分の宇宙の中(観点の中)に居続けている状態から、自分と自分の宇宙の外(自分と自分の宇宙がないところ:観点のないところ)に、一度でてみてから、創り治して(はいりなおす:再創造)みます。これが、上部構造のリセットです。

上部構造だけをリセットしても、下部構造は、体の生理反応と結びついているので、過去を記憶しています(形状記憶とよびますね)。そのため、上部構造だけをリセットしても、症状がなかなか改善していかないことが多いので、下部構造をリセットしながら、上部構造をリセットしていくといいですね。

そんな、話を、90分!!で、自分自身で質疑応答(質問と答え)を繰り返しながら、テキストを埋めていくようにしてみました。

結論:過敏性腸症候群は、よくなる(治るといってもいいし、消失する、制御できる)疾患・状態です。

一緒に勉強した皆さんの反応・感想は下記です。ぼくも、一緒に勉強できてよかったです。しくみですから、一緒にとりくみながら、過ごしていく、仲間、地域、コミュニティとしてありたいと思います。ありがとうございました。

以下感想:順不同(無記名です)

・    とても分りやすい講義で勉強になりました。先生のトークもおもしろかったです。ありがとうございました。

・    社会人になった頃からおなかが弱く、良く精神的な面で下痢になることが多かった。5~6年前から過敏性腸症候と診断され薬を服用している。飲むことで安心するが、将来的には飲まなくても改善されたいと思ったので参加しました。

・    過敏性腸症候群の話という講義の状態ということで参加したが、別の気付きがありそれは良かったが、何かわかりづらい面もあった。

心と身体の仕組みについてや、あやつる方法を学べたので有意義だった。今後、実践していこうと思った。

・    質問方式の講義でちょっととまどいましたが、いろいろと参考になりました。ありがとうございました。逆腹式呼吸もとても良かったです。

・    ちょうど、あちこち(めまいや便秘、目の下のけいれん、イライラ)調子がおかしくどうしようもなかったので、今日の話はとても参考になった。

・    本当に悩んでいたので、色々教えていただいて助かりました。


・    こころとからだのしくみを制御するこで調子が良くなるなんてビックリです。是非、習慣にして生活にしていきたいと思います。


・    原因と対処法がよくわかった。


・    質問形式の講義は少し緊張しましたが、いっしょに考えることができ理解しやすかった。(記憶にも残りやすいと思う) こころと体のしくみを、毎日練習していきたいと思います。


・    心と体の関係、コップをイメージした「あふれる物」のお話がよくわかりました。
 今まで心が弱くなると体も不調になることはよく経験することで、そんな時は体を休めてリセットしていました。体が元気になると心も元気になるものですね。体が元気だとあまり病気にもならず、本当に心と体はひとつだなと思います。今日は「感情、緊張、情報」、そして、こころと体のしくみが大事な要素だということを改めて知りました。ありがとう ございました。

・    希望がもてました。本日、思い切って参加してよかったです。


・    考え方が変わり、心が軽くなりました。


・    しくみと制御法(逆腹式呼吸)が分り気分がスッキリしました。特に制御法を知ること ができてよかった。


・    過敏性腸症候群という意味、原因はその人、その人が違う原因で色々な部位に症状が出ることがよくわかりました。


・    先生のお話を一方的に聞くだけでなく、こちら側にもいろいろと考えさせながらお話を進めて下さったので分かりやすかったです。





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

おこりっぽい彼女

「おこりっぽい彼女」 

彼は、かれこれ10年以上苦しんでいます。

顔のほてり、のぼせ、吐き気、左半身のしびれ、胃の膨満感、おなかの張り、おなかがごろごろする、排便に何回もいきたくなる、下痢をする、気力がわかない、仕事ができない・・。多種多様な症状です。

いろいろな病院をまわりました。いろいろな検査を受けました。けれども・・。どこにも異常がみつかりません。

「なんとかならないですか?」
「どこにいっても治らないし」
「原因が全然わからないんですよ」


・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


彼は体や心に症状を引き起こす、「みえない仕組み」を学んでいきます。
症状を存在させている「何か」について・・。


「何か」とは何か?

心と体は「ひとつ」であり、ひとつが全体となって、常に動いています。「動き」によって、恒常性が維持されています。力動的平衡状態とも呼びます。そして、心と体は、「ない」ところから「ある(存在)」ように、しくみによって創りだされています。「ある(存在)」の鍵になるのが、自分と自分の周囲をとりまく世界・宇宙があるという大!前提。自分は〜な人間だという規定・きめつけ・前提。そこからは、適切な認識がうまれません。適切な認識なしには、心と体は、うまく動かなくなります。制御ができなくなり、無制御状態となり、心と破綻していきます。

心と体を動かして、「ない」ところから存在させている、「みえないしくみ」を制御する。制御することで、心と体は、健康をとりもどします。その鍵となるのが、リセットです。


・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、彼は、リセットを始めます。

彼は、彼女と約10年一緒に住んでいます。

「楽しいのが好きなんです」
「話をして、陽気に楽しく過ごしたいんです」
「けど、彼女が・・」
「ぶすっと無口で・・。なんかあると、急に怒り出すんですよ」
「こっちは、気をつかって、いろいろやるし・・。感謝もして、声をかけるのだけど・・。それじゃ・・足りない感じで・・。」
「わけがわからないんですよ。本当。急におこりだして。だから、こっちも、いいかえして。けんかばかりですよ。いらいらするし・・」
「よく考えたら、感謝しているつもりでも、びくびくしているみたいで・・。だから、いつも緊張して力がはいってますね・・」

彼はリセットを練習していきます。練習して、工夫して、練習を繰り返します。

ある日のこと・・。

「何にもないのに、自分で勝手に、どうせ彼女がおこりだすだろうと思って・・。いつもそんなふうに彼女を見てました。よく考えたら、普通なのに・・。おこってもいないのに・・。おこりだしそうにしているな・・と思っていつも彼女を見てました」
「そう気づいて、気にしないようにしたら、気にならなくなって・・。」
「そうしたら、この2週間、彼女とけんかしてないんですよ・・」
「そうしたら、この2週間は、体の調子もなんかいいみたいで・・。おなかもごろごろしないし・・」

彼から「おこりっぽい彼女」が消えたようです。なぜなら、そんな彼女はいないから。幻の彼女を見ていた彼は、幻のために、心身の不調を起こしていたようです。

リセットを練習してきたら、幻からさめてきたようです。認識疾患から解放されてきたようです。


がんばれ、彼。もうちょっとかな・・。

未来の医療は、「リセット医療」。

来院する方は、医療という「門」を通過して、変身していきます。認識疾患から解放され、本当の姿に戻っていきます。そして、巣立っていきます。自立していきます。そして、今度は、身近の方に、広げてくださっていきます。ひとりひとりが、認識疾患から離脱して、自律(立)していくことで、管理・介入・支配・依存型の健康・医療・介護・社会から、自律(立)・援助・協力・尊厳関係型の健康・医療・介護・社会へと、パラダイムシフト・脱皮した、新次元に向かうのではないでしょうか・・。

新板橋クリニック
はむたんくらぶ
清水 公一


いただきものしました
「いただきものしました」

月1回、通院されてくる74歳の女性。


「もういいの」

「充分いきたから」

「あとは、ぽっくりいけたらいいの」

「先生、御願いね」

それが、彼女のいつもの決まり言葉です。

そんな彼女の趣味が編み物。

「昔から、ひまさえあれば編み物しているのよ。熱中しちゃうと夜中になっちゃってね。週に2つ、3つ編めちゃうから、どんどん、人にさしあげるの。先生にも、何かさしあげたいわ」

「そうね、机の上におけるものを編んでみるわね」

そうして、くださったのが、こちらになります。

自分の人生に、意味・価値を感じ、人を大切にしながら、自分のいきがい・やりがいを満喫している素敵な方です。

そんな、素敵な方が、きてくださることを、うれしく思いますし、いただいた編み物を、診察室の机にひろげて、毎日の診療をしながら、彼女を迎えたいと思います。

人と人が、お互いを尊重しながら、相互交流して、一緒に健康・人生をつくっていくことに、医療の意味を感じています。